メニューを開く(+)閉じる(×)
みなさん、空島編に登場した「ピエール」っていうキャラクターを覚えていますか(^o^)? ガン・フォールを乗せていた、あの「鳥」です。 今回の考察は、「ピエールに関する2つの謎」としまして、ちょっと気になったことを挙げて見たいと思います。 この記事の目次 謎1:チョッパーのホイッスルの音をピエールは遠くで感じ取っていた!? 謎2:幻獣種や幻の動物はピエールのように作られる!? 謎1:チョッパーのホイッスルの音をピエールは遠くで感じ取っていた!? ...
悪魔の実の分類には「ロギア系」「パラミシア系」「ゾオン系」があります。 (他にも細々したのはありますが。) ゾオン系という分類が最初に登場したのはドラム等編のドルトンがきっかけでしたが、ゾオン系も含めて、パラミシア系、ロギア系というキーワードが登場したのは、空島編でしたっけ(^^) さて。 今回の考察のテーマは「空島はどうして、悪魔の実の能力者がほとんどいないのに知識だけ残っているのか!?」です! この記事の目次 チョッパーを見て「動物(ゾオン)系...
皆さん、空島編に登場した、シャンディアの酋長って覚えていますか(^o^)? 麦わらの一味が訪れていたころ、大きく目立つ動きをしていたわけではありませんが、あえて振り返ってみると、不思議な立ち位置でもあるように思うのです。 そこで今回は「シャンディアの酋長の役目」と題して、麦わらの一味のスカイピア上陸時点の「あの酋長」について考えてみます(^^) この記事の目次 酋長だけが知っていた!?先祖が残した古代文字の文 酋長の安堵、シャンディアの先祖の果たされた思い ...
ゾウ編で初登場となった忍者の雷ぞう。 繰り出される忍術の数々は、ルフィたち男子メンバーに大好評でしたね。 そんな「忍者」の存在は、雷ぞうに限った話ではないようです。 ワノ国の忍者の誰かが、空島に行ったりしていませんかね…( ̄▽ ̄)? 今回の考察は、そこがテーマです。 姿を消す能力の中でゲダツが挙げたのが「隠れ身の術」である事実 ONE PIECE Log Collection  “GOD” [DVD] 「ワノ国の忍者が空島に来ていたのでは!...
麦わらの一味が行ってきた空島スカイピア。 そこでの出来事はほとんど、青海に戻ってから語るものはいません。 「麦わらの一味がスカイピアでこんなことをしてきたぞーっ!」 そうならないのは、距離的に大きく離れすぎていることも理由の一つと考えられそうです。 今回の考察記事は、距離が離れていることも一因であろう「空島で神ガン・フォールさえ知らなかったもの」についてです。 この記事の目次 悪魔の実は空島でも知られていた! 黄金の価値は空島みんな知らなかった!...
カルガラたちの故郷、黄金都市シャンドラには、黄金だけでなくポーネグリフも存在していました。 カルガラたちは財宝を守ってきたのではなく、滅んだ都市を守ってきたのだといいます。 黄金都市シャンドラの先祖、どんな人たちだったのでしょうね? 今回の考察は、そのあたりの内容です。 この記事の目次 カルガラたちが守ってきたシャンドラのポーネグリフ ジャヤの人々が価値を理解していたポーネグリフ カルガラたちが尊敬する相手は「神と真逆の立場の者」なのか カ...
今回も、「ジャンプフェスタ2018」での尾田栄一郎先生のコメントからの考察です。 2018年のワンピースの連載の中で、 みなさんにONEPIECEの世界に潜む伝説を一つ紹介する事になるでしょう。(ジャンプフェスタ2018スーパーステージでのコメントより) だそうです。 この部分も、非常に興味深いですね〜! みなさんは、どんな伝説だと思いますか(⌒▽⌒)? ここでは、筆者の考える「伝説」を挙げていきたいと思います。 この記事の目次 ポイントはワン...
第865話から、ビッグマムの過去の回想シーンが始まろうとしていますね。 当サイトでも「復習」という名目で、エルバフや巨人族に関する考察記事をここ最近で何件かアップしてきました。 さて、今回の記事でひと段落にするつもりですが、ピックアップするのは第865話のラストに登場した「大きな木のようなもの」です! テーマはずばり「エルバフの大きな木こそが「ハイウエストの頂」なのでは!?」です!! この記事の目次 まず「ハイウエストの頂」って何だっけ!? 大局で見渡せば「南...
最悪の世代の一人、怪僧ウルージ。 彼は、ネットを中心に驚異的な人気を誇ります。 なぜウルージはそこまで、多くの人々を「とりこ」にするのか。 なぜ人々は、ウルージに魅力を感じるのか。 え、そうでもない!? そんなこと言わないで、ウルージの謎や秘密に迫ってみましょ(^o^)! この記事の目次 ■「破戒僧」ウルージとは!? ■将星を破って大出世!?ウルージ僧正の懸賞金は10億以上にアップしている? ■ウルージの謎~空島出身の怪僧の秘密に迫る~ ■ウルージは悪魔の実の能力者!?キー...
コミックス第24巻で、麦わらの一味のもとに突如降ってきたガレオン船。 当時驚きだったこの展開でしたが、ロビンの推理から、この船の概要が明らかになっていったのでした。 今回は、「200年前の船が雲流しの刑にあっていた理由」について予想してみます(^^) この記事の目次 ■セントブリス号~約200年前のサウスブルーのガレオン船~ ■【予想】セントブリス号が空島へ到達できたワケ ■【参考】200年前の世界の地理 ■【参考】200年前の世界の歴史 ■【...
今回の考察は、読者の皆さんから大きな人気を集めながらも、いまだ幾つかの謎が残る「空島編」から。 北の海(ノースブルー)の探検家モンブラン・ノーランドが処刑された件について考察してみたいと思います。 いくつかの可能性から、彼の処刑に隠された「秘密」に迫ります。 今回の話題の中心になるのは、第262話「あふことは片われ月の雲隠れ」のお話です。 ノーランドのジャヤ島出航後、北の海(ノースブルー)のルブニール王国への帰還後からのストーリーが、昔話のような形式で始まっています。 ...