メニューを開く(+)閉じる(×)
第907話「虚の玉座」ですが、またしても驚愕のラストでしたね(^^;) シャンクスが五老星の部屋にやってきました。 しかも、「忍び込み」ではなく「堂々と」でした。 シャンクスは「ある海賊」についての話があるようです。 今回の考察は、シャンクスが五老星を話をしたい「ある海賊」とは誰なのかについて、第907話までの情報の限りで考察・予想をしてみたいと思います(^^) この記事の目次 まず、ルフィではないと考える理由 「ある海賊」というからには、五老星...
ワンピースの歴史の中で、約900年前から800年前までの歴史に当たる「空白の100年」の出来事。 ワンピースの世界では、それらを調べることは犯罪として、法律で厳しく禁止されているそうです。 それでも、オハラの最後の生き残りニコ・ロビンは、その真実を追い求めるために日々、歴史を追い求めています。 さて、3回にわたって復習も兼ねて「歴史の本文(ポーネグリフ)」について考えてみます。 今回は第41巻、特に第395話「オハラVS世界政府」を中心に考察を進めてみようと思います(^^)v この記...
ワンピースの歴史の中で、約900年前から800年前までの歴史に当たる「空白の100年」の出来事。 ワンピースの世界では、それらを調べることは犯罪として、法律で厳しく禁止されているそうです。 それでも、オハラの最後の生き残りニコ・ロビンは、その真実を追い求めるために日々、歴史を追い求めています。 さて、復習も兼ねて「歴史の本文(ポーネグリフ)」について3回ほどにわたり考えてみます。 今回の話の中心となるのは第32巻、気になっているのは「ロジャーが空島のすごいところまで行っちゃってる!」とい...
ワンピースの歴史の中で、約900年前から800年前までの歴史に当たる「空白の100年」の出来事。 ワンピースの世界では、それらを調べることは犯罪として、法律で厳しく禁止されているそうです。 それでも、オハラの最後の生き残りニコ・ロビンは、その真実を追い求めるために日々、歴史を追い求めています。 さて、今回から復習も兼ねて「歴史の本文(ポーネグリフ)」について3回ほどにわたり考えてみます。 第1回の今回はコミックス第29巻を中心にして、ロビンが空地まで発見した黄金都市シャンドラの周辺を掘り...
四皇のひとり「赤髪のシャンクス」。 ルフィが海賊を夢見るうえで、最も大きな影響を与えた人物と言っても過言ではないでしょう。 そこで、今回の考察では、 (1)シャンクス「が」恐れているもの (2)シャンクス「を」恐れているもの の二つの面から考えてみたいと思います。 この記事の目次 シャンクス「が」恐れているもの:「黒ひげ」マーシャル・D・ティーチ シャンクス「を」恐れているもの(1):センゴク シャンクス「を」恐れているもの(2):五老星 キズ...