メニューを開く(+)閉じる(×)
黒ひげ海賊団の1番船船長ジーザス・バージェス。 筋肉質で現実世界のプロレスラーを思わせるその体格は、まさに格闘チャンピオンを思わせるものです。 今回のテーマは「2年の時を経て飛躍的に向上したジーザス・バージェスの知名度」です(*^▽^*) この記事の目次 初登場時:ジャヤ島で全く知られていなかったバージェス ドレスローザ編:名前だけで驚かれているバージェス オーガー、ラフィット、ドクQの知名度は!? 初登場時:ジャヤ島で全く知られていなかったバージェス ...
黒ひげ海賊団に関する伏線考察の記事は、過去にもたくさん書かせていただきました。 その中で筆者は、ある2人の間にどうも「絆」のようなものを感じて仕方が無いのです。 その人物とは「黒ひげ」と「バージェス」です! 今回のテーマは「バージェスの黒ひげに対するタメクチ」です(笑)(*^▽^*) この記事の目次 バージェスが黒ひげにタメ口をきいている主な3つのシーン バージェスが黒ひげにタメグチをきくシーンから読み取れるもの バージェスの「タメグチ謝罪」から読み取れる黒...
元海軍大将の青キジことクザン。 どんな形であれ、彼が黒ひげ海賊団と関与していることは、ドレスローザ編での何名かのキャラクターの言動をみれば間違いなさそうです。 今回のテーマは「間に青キジを挟んで考える、黒ひげとバージェスの信頼関係」です(*^▽^*) この記事の目次 黒ひげとバージェスの電伝虫での通話 バージェスは青キジへの不信感を「あえて」口に出している!? たった2文字の台詞でシリュウへの信頼感を示したバージェス 黒ひげがバージェスに1番船船長を任せた理由の...
黒ひげ海賊団で、船長のティーチ以外に戦闘能力が詳細なほどに明らかになっているキャラクターとして、コミックス第84巻までで言えば、バージェスが挙げられるでしょう。 肩書きも「操舵手」から「一番船船長」へと変わり、再登場時の装備も何やら「ごつい」ものに変わっていましたね。 今回は「ジーザス・バージェスの戦闘能力」についてふり返ってみたいと思います(*^▽^*) この記事の目次 コリーダコロシアムの出場選手に恐怖を与える戦闘能力 ジーザス・バージェスの詳細な戦闘能力 攻...
ドレスローザ編のあと、サボにやられたバージェスは革命軍の総本部バルティゴに潜入することに成功しました。 でも、バージェスが電伝虫を使ってラフィットに伝えている内容が少し不思議に思えて仕方が無いんです(^^;) 今回のテーマは「ジーザス・バージェスのバルティゴ潜入の影に見え隠れする人物」についての考察です(*^▽^*) この記事の目次 バージェスが忍び込んでいた「船底」のニュアンス バージェスがバルティゴの武器に見いだした必要性 ジーザス・バージェスが忍び込んだ船の...
ルフィがエースを救出するためにインペルダウンに侵入した少し後で、黒ひげも当時の王下七武海の立場を利用して獄内に侵入していました。 ビッグマムはそこから2年後の世界の中で、それを「黒ひげ襲撃事件」なんて呼んでいましたね。 今回のテーマは「黒ひげ襲撃事件での3種類の不思議ポイント」についてです(*^▽^*) この記事の目次 ■不思議1:黒ひげ海賊団の襲撃はのちに大きな事件として語られている…? ■不思議2:黒ひげが仲間候補でインペルダウンのレベル6の囚人に目をつけた理由...
ドレスローザのコリーダコロシアムで行われた「メラメラの実争奪戦」。 そこでの戦士たちは、一部はオモチャに変えられながらも、復活して、第752話時点で、ドフラミンゴ討伐へ向けてそれぞれ進んでいます。 ここで、戦士たちの戦闘力の序列を、コロシアムでの戦闘を基準に考えてみましょう! ※表記は「(勝者)>(敗者)」で、カッコ内の番号は整理のための通し番号です。 場外戦(コロシアム) 【1】メイナード>【2】ガンビア 【3】バルトロメオ>【1】メイナード まとめ 【3】バルトロメオ>【1】...

▲先頭へ