メニューを開く(+)閉じる(×)
マリンフォード頂上戦争がはじまる前、四皇カイドウは、新世界でシャンクスと小競り合いを繰り広げていたようです。 なぜでしょうね(^^)?? そして、なぜシャンクスは「ほぼ無傷」に見える状態で、極めて短時間でマリンフォードに現れることができたのでしょう?? 今回は「赤髪海賊団のシャンクス達の行動から考えるカイドウの実力」についてです! この記事の目次 シャンクスがカイドウとの小競り合いをやり過ごせた理由に関する2つの仮説 カイドウはもともと白ひげ狙い!本当に戦争が...
今回のテーマは「11人の超新星と四皇」について。 ローが言ってましたよね、新世界でやっていくには、四皇に挑むか、傘下に入るしかないと。 じゃあ、ルフィと同時期にシャボンディ諸島に集結した11人の超新星も、四皇の誰かに挑んだり、傘下に入ったりしているんでしょうか?? この記事の目次 ■考察対象の11人の海賊 ■カイドウ ■ビッグ・マム ■黒ひげ ■シャンクス ■不明 考察対象の11人の海賊 今回の考察の対象は、以下の海賊11名です。 【麦わらの一味】ルフィ、ゾロ 【ハー...
扉絵連載シリーズ「世界の甲板から〜5億の男編〜」も、ついに最終回を迎えました(^^) 最後の2回で、赤髪海賊団が取り上げられていましたね。 2回のうち2回目、シャンクスを中心とする方のシーンでは、荒廃した島で「結婚式」が行われていたようです。 今回のテーマはコレ、「赤髪海賊団は誰の結婚式に出席したのか??」です(^o^) 「世界の甲板から〜5億の男編〜」ラスト2回のシーン 赤髪海賊団のシーンは2回にわたって描かれました。 1つは、新聞を見て笑っているヤソップのほか、たびたび登場する、...
「黒ひげ」マーシャル・D・ティーチをめぐる対話。 赤髪のシャンクスと「白ひげ」エドワード・ニューゲートとの間でこの場が設けられたのは、ちょうど麦わらの一味がエニエス・ロビーでロビン&フランキーを奪還した頃でした。 赤髪は、エースと黒ひげをぶつけるのはマズイと白ひげへ。 その黒ひげなんですが、実際にエースとぶつかったシーンでは、2人の部下をかばっています。 何だか複雑…(^^;) そもそういった一連のやりとりの中には、黒ひげのずる賢さも見え隠れしてくるのです。 今回は、そういったお話で...
白ひげが健在だったころ、白ひげのナワバリだった魚人島。 でも、白ひげの死後は、ビッグ・マムのナワバリになっていますね。 白ひげに、敵ながらも敬意を払っていたというシャンクスです。 白ひげに代わってナワバリを守ってほしいと頼まれれば断る理由も無いように見えますが、一体何があったのでしょう?? 可能性として考えられるのは、例えば、魚人島のリュウグウ王国が、最初からシャンクスに頼まなかったとか。 あるいは、シャンクスに頼んだものの、何らかの事情でシャンクスから断られてしまったとか。 いずれ...
ワンピースの第1巻・第1話には、のちのち読み返してみると「んっ?」と思うようなシーンがいくつもあります。 ルフィをかばったシャンクスが近海の主を遠ざけたのが「覇王色の覇気」だったことを思わせる描写だとか。 ゴムゴムの実が、シャンクスたちの「敵船」から奪ったものであることだとか。 あるいは、すでにウソップの父親のヤソップが登場していることも、それに当てはまるでしょうか。 ここでは、その中の一つとも言えるシャンクスの「おれ達を超えるのか」という一言について考えてみたいと思います。 ルフィが...
かつて宿敵として互角に渡り合ったといわれている赤髪のシャンクスと鷹の目のミホーク。 その決闘のようすは本稿執筆時点(2013年6月)では詳細に描かれておらず、ただ「決闘をした」という事実のみが語られている程度です。 ここでは、その決闘の背景など、関連する情報から探ってみたいと思います。 シャンクスとミホークの決闘を探る前に抑えておきたい3つの「決闘」 シャンクスとミホークの決闘を探る前に、ワンピースのこれまでのストーリーで描かれた3つの「決闘」について押さえておきたいと思います。 ルフ...
四皇のひとり「赤髪のシャンクス」。 ルフィが海賊を夢見るうえで、最も大きな影響を与えた人物と言っても過言ではないでしょう。 今回は、そんなシャンクスについて、 (1)シャンクス「が」恐れているもの (2)シャンクス「を」恐れているもの の二つの面から考えてみたいと思います。 この記事の目次 ■シャンクス「が」恐れているもの:「黒ひげ」マーシャル・D・ティーチ ■シャンクス「を」恐れているもの(1):センゴク ■シャンクス「を」恐れているもの(2):五老星 ■キズだらけの海...

▲先頭へ