メニューを開く(+)閉じる(×)

ワンピース FILM GOLD グッズ

スリラーバーク編に登場したドクトル・ホグバック。 かつて天才外科医と呼ばれ、まだ顔も見ぬ当時のチョッパーからは尊敬さえ受けるほど。 今回はホグバックにまつわるストーリーをふり返ったうえで「ホグバックって、ローやロジャーともつながりあるんじゃないの!?」というところを考えてみたいと思います(^^) この記事の目次 ■麦わらの一味にホグバックを知る者が最低でも2人… ■トラファルガー・ローとドクトル・ホグバック ■スリラーバークにロジャーのゾンビが無かったワケ 麦わらの一味にホグ...
過去のストーリーに思うところがあって、麦わらの一味の修行期間の前後について調べる機会がありました(^^) シャボンディ諸島編から魚人島編にかけての一部です。 今回はその集大成! テーマは読者の前に現れた「シルバーズ・レイリー」の正体とは!?です。 この記事の目次 ・「レイリー」が泣いた日 ・「ロジャー」が消えた後の世界 ・読者の前に現れた「シルバーズ・レイリー」の正体とは!? 「レイリー」が泣いた日 ONE PIECE 80(ジャ...
「ロードポーネグリフ」なるものが、新たなキーワードとして登場しましたね(^^) 4つあるそれぞれが示す4つの地点、その中心に存在するのがラフテルだと、こういうことでしょうか。 いやいや、ちょっと待って! 今回は「4地点の中心って、2つ存在するんじゃないの??」という点を考えてみたいと思います。 この記事の目次 ・ログの終着点で気づく、ポーネグリフと古代文字との関係とは? ・ロードポーネグリフが指し示す4地点の中心は「2か所」ある!? ・まとめ ...
第820話までのストーリーで、ロジャーや白ひげと面識があると錦えもんの口から語られました。 モモの助もロジャーと面識があるということですが、白ひげとも面識があったのかな? 今回はワノ国とロジャーと白ひげのつながりについて考察してみたいと思います。 ※今回の記事では、錦えもんやカン十郎、雷ぞう、そしてモモの助といった面々については、話題に上がっている集団の中に錦えもんが含まれている限りは「錦えもん達」という表現で話を進めます(^^) ロジャー&白ひげと面識がある錦えもん達 第820話まで...
第820話までのストーリーで、光月おでんがゴールド・ロジャーの船に乗った経緯が少しずつ明らかになってきました。 ロジャーはなんと、おでんを「スカウト」という形式で乗船させていたのですね(@_@) ちょっとビックリです! スポーツ選手の移籍のような形なのかな?? 今回は、大海賊時代のワンピースの世界での、戦力増強手段について考察してみることにします。 この記事の目次 ・麦わらの一味もほとんどが該当!「海賊以外からの勧誘」 ・デービーバックファイトに見る「一方的な引き抜き」 ・おで...
ワンピース第802話から、舞台はゾウ編に移りました。 1000年も生きる象の背中に栄える国「モコモ公国」に、サンジ達と一緒に先に上陸していたモモの助。 上陸間もないころから気分がすぐれないと言ったかと思えば、くじらの森に近づけばまた気分が悪い様子。 その一方で、取っ組み合いのけんかをしているイヌアラシとネコマムシの2人を止めたり、ゾウ編でのモモの助の言動には少し違和感を覚えてなりません。 今回は、その中でも特に不思議な「なぜ8歳なのに、24年前に処刑されたロジャーの記憶があるの?」という...
第1巻の第1話から登場している、海賊王ゴールド・ロジャー。 彼の処刑間際の一言をきっかけに、大海賊時代は幕を開けました。 そんなゴールド・ロジャーは、読者のみなさんからはどんな風に見られているのでしょう? 「ゴールド・ロジャーはグランドラインのラフテルでワンピースを見つけて海賊王になった」!! えぇ…。 「果たして本当にそうかな?」 そんな疑問を投げかけるのが、今回のテーマです。 この記事の目次 ・レイリーが言うグランドラインの「制覇」を辞書的...
ワンピースの第1巻・第1話には、のちのち読み返してみると「んっ?」と思うようなシーンがいくつもあります。 ルフィをかばったシャンクスが近海の主を遠ざけたのが「覇王色の覇気」だったことを思わせる描写だとか。 ゴムゴムの実が、シャンクスたちの「敵船」から奪ったものであることだとか。 あるいは、すでにウソップの父親のヤソップが登場していることも、それに当てはまるでしょうか。 ここでは、その中の一つとも言えるシャンクスの「おれ達を超えるのか」という一言について考えてみたいと思いま...