メニューを開く(+)閉じる(×)
ワンピースのストーリーを何度も何度も読み返すうえで、やはりこの人の謎は尽きません。 それが、シモツキ村に「一心道場」を構えるゾロの少年時代の師匠、コウシロウです。 最初は脇役程度のキャラクターかと思いましたが、実はストーリー終盤にかけて重要人物になる可能性も秘めたキャラクターかもしれないとにらんで、コウシロウの謎に迫ってみます! 謎その1:革命軍への食料提供 ルフィ7歳当時、革命軍はゴア王国を出港し、シモツキ村のある島に上陸し、食料を調達した描写があります。 ここで...
(※こちらの記事は、2013年5月28日時点の情報のまま再構成しています。) 東の海(イーストブルー)の賞金稼ぎとして名を馳せ、今や麦わらの一味で海賊として1億越えの懸賞金がかけられたゾロ。 そんなゾロには自らの剣の道に、2人の「師匠」と呼べる人物がいます。 1人目は、幼年期の剣術の先生、シモツキ村のコウシロウ。 2人目は、2年間の修業の相手、王下七武海の一人であるミホークです。 ここでは、2人の師匠と比較したときのゾロの「剣」に対する考え方を見てみたいと思います。 ゾロの「剣」に対...