メニューを開く(+)閉じる(×)
ワンピースでは、様々なストーリーが描かれてきました。 そして、そのたびに、麦わらの一味が対峙する敵や、その敵にもともと苦しめられていた人たちなどなど、様々な立ち位置のキャラクターたちが描かれてきました。 ワンピースのストーリーには、そういった「立場関係」の描かれ方も重要な要素のひとつであると言っても過言ではありません。 さて、今回の考察は、ワイパーが言っていた「共通の敵」発言についてです。 この記事の目次 【1】空島編でのワイパーの気になる発言 【2】...
スカイピアに麦わらの一味が上陸してまもなく。 玉の試練を通過中だったルフィ、ウソップ、サンジは、ゲリラ活動中のワイパーの部隊に遭遇しました。 突然、砲弾をお見舞いするワイパーに対して、ルフィはいつもの調子で「ゴムゴムの風船」で跳ね返しましたよね? ワンピース読者からすれば、お約束なシーンでもあります。 今回の考察は、そのシーンから。 ワイパーの言った「とっさの一言」に注目してみました。 この記事の目次 【1】ワイパーの砲弾を跳ね返したルフィ ...
空島編に登場した、心を読む「心網(マントラ)」が生まれつき使える少女・アイサ。 その後のストーリーを読む限りでは、すなわちアイサは生まれつきの見聞色の覇気の使い手だったことになります。 そんなアイサは赤ん坊のころ、ある条件下でよく泣いていたのだと言います。 今あえて、その描写について考えてみたいと思います(^-^) この記事の目次 つまり「生まれつきの見聞色の覇気の使い手」のアイサ 考え方1:アイサは動物の感情を読むのが得意な見聞色の覇気使い!? 考え方2:...