メニューを開く(+)閉じる(×)
今回のキングダムのストーリー考察は、第515話「小城の流民」から。 鄴攻めの総大将・王翦の策略の意図が全く読めない信や河了貂の一方で、羌カイは何かを感じ取ったようでした。 そして、彼女が発した「イナゴ」というキーワードで、王賁や蒙恬も、王翦の策にピンと来たみたいです。 さて、王翦は一体何をやりたいのでしょうか?? この記事の目次 王翦の指示 城の外には飢えた一般市民たち… 王翦の鄴攻め前の作戦 王翦の指示 第515話までで王翦が秦軍に...
第485話で、黒羊にいた信のもとを訪れた蒙恬。 あくまで彼の予想を含んでいるものの、次なる戦は大規模になるかもしれないという可能性が示されました。 今回は、各国を巻き込むかもしれない次なる戦の規模・動向について考えてみます(^^) ■各国を巻き込む次なる戦はどんな規模・どんな展開になる!? この記事の目次 ■蒙恬の言葉(第485話)に見る各国の動き ■大きな変化のきっかけ!?蔡沢・李牧・王建王の動き ■予想まとめ~黒羊戦の翌年の戦~ 蒙恬の言葉(第485話)に見る各国の動き...
キングダム第485話のラストで、ちょっと驚きの組み合わせが一堂に会していましたね(^^;) 秦の外交官で、普段は中華の東側に出向いていることの多い蔡沢(さいたく)。 中華の各国が恐れる趙の宰相・李牧(りぼく)。 そして、いまだ謎多き斉の国の王建王(おうけんおう)。 この3人が集まることで、どんな話し合いが行われるというのでしょう?? 今回のテーマは蔡沢(さいたく)・李牧(りぼく)・王建王(おうけんおう)の三者会談の内容についてです。 この記事の目次 ・蔡沢(さいたく)の目的~合従...