メニューを開く(+)閉じる(×)
元CP9司令長官スパンダムの持つ剣。 剣でありながらゾウゾウの実の能力者であり、ゾウに変身することができる。...
ステータス 所属・役職 サイファーポールNo.9→現職は不明 関連情報 カリファの父親で、スパンダインが司令長官だった当時にCP9の一員だった。 ...
ステータス 所属・役職 サイファーポールNo.9(司令長官)→現職は不明 エピソード 出世に目がないスパンダムの父親 スパンダムの父親で、オハラ事件で8歳当時のロビンに7900万ベリーの懸賞金をかけた張本人。自分の出世にしか興味が無く、五老星の命令によりオハラへ出向き、考古学者たちの「空白の100年」の調査の証拠を掴み、当時のセンゴク大将から預かったゴールデン電伝虫のスイッチを押...
ステータス 所属・役職 サイファーポールNo.9※ウォーターセブン潜伏時はガレーラカンパニーの社長秘書 特徴 「無礼者」「セクハラです」などの口癖 エピソード 水の都の「元・美人秘書」 かつてアイスバーグの秘書として、ウォーターセブン市長の仕事やガレーラカンパニー社長としての仕事を管理していた。しかし、アイスバーグが嫌な仕事はすべてキャンセルするなどの仕事ぶりも見られた。 ...
ステータス 所属・役職 サイファーポールNo.9 特徴 口についたおしゃべり防止用のチャック、「チャパパ」などの口癖 エピソード 剃(ソル)の達人「音無しのフクロウ」 剃(ソル)の達人を自称し、音も無く相手に襲い掛かる。エニエス・ロビーの戦いではフランキーと対峙、パンチの応酬っを繰り広げたが、フランキーのコーラ砲に倒れてしまった。 ...
ステータス 所属・役職 サイファーポールNo.9(ルッチにより制裁が加えられ、除名) 武器 拳銃(指銃の代用) エピソード CP9の新入り サイファーポールNo.9の新入りで、ロビンとフランキー連行時には海列車の第三車両を守っていた。四式使いとして「嵐脚」「月歩」「剃」「紙絵」を使いこなす実力を持つ。 ...
ステータス 所属・役職 サイファーポールNo.9 特徴 歌舞伎役者の隈取りのような顔、「よよいっ」などの口癖 エピソード 「生命帰還」の使い手 「生命帰還」で自分の身体の隅々まで意識を届かせることができ、髪の毛も自在に操れる。ナミやチョッパーを戦闘で圧倒していたが、3つのランブルボールでモンスター化したチョッパーに叩き潰された。 ...
ステータス 所属・役職 サイファーポールNo.9※ウォーターセブン潜伏時は酒場の店主 特徴 角のような髪型 エピソード 「熊の仮面」でアイスバーグを襲撃 ガレーラカンパニーの屋敷を襲撃した際には、熊のような仮面をかぶっていた。また、ドアドアの実の能力を使ってアイスバーグの部屋に侵入し、突然銃撃した。 ルフィの「ギア2(セカンド)」の最初の対戦相手 ルフィが「ギア2(セカン...
ステータス 所属・役職 サイファーポールNo.9 特徴 左目の傷跡 エピソード 「いたぶらない」のがポリシー 相手をいたぶらずに仕留めることを身上としており、エニエス・ロビーの戦いでも、自分の部屋に来たそげキング(ウソップ)を十指銃で狙った。 「鉄塊拳法」の使い手 ルッチのことをライバル視している。ちなみに、エニエス・ロビーで給仕をしているギャサリンに告白したが、そのギャ...
ステータス 所属・役職 サイファーポールNo.9 ※ウォーターセブン潜伏時はガレーラカンパニー1番ドック大工職職長 特徴 角ばった長い鼻、「○○じゃ」などの口癖 エピソード 水の都を飛び回る船大工 ウォーターセブンに船大工として潜伏していたときは、街の屋根から屋根へと飛び回る様子から「山風」と呼ばれていた。 (一方でフランキーからは「山ザル」と呼ばれていた。) ゴーイン...
ステータス 所属・役職 サイファーポールNo.9 ※ウォーターセブン潜伏時はガレーラカンパニー1番ドック木びき・木釘職職長 特徴 背中に十字型の砲弾の傷がある。 ウォーターセブン潜伏時にはハットリという名前のハトを手なずけていて、腹話術で話していた。 エピソード 兵士を滅ぼす「狂気の少年」 13歳のころには既にCP9に在籍していて、任務を遂行していた。 海賊に襲われた王...
ステータス 所属・役職 サイファーポールNo.9(司令長官、元CP5主官) 武器 象剣ファンクフリード(ゾウゾウの実を食べた剣) 特徴 顔に矯正用の器具を装着している。 (司法船襲撃の疑いをかけた時のフランキーからの攻撃による) エピソード 古代兵器プルトンを狙う権力主義者 古代兵器プルトンの復活を五老星に提言し、実際にウォーターセブンに自ら出向いた。 海列車完成...

03.世界政府

ダンスパウダーの製造・所持を禁止した過去

アラバスタ編で、雲を自在に操って雨を降らすことのできる粉「ダンスパウダー」の存在が明らかになった際、世界政府は隣国の干ばつをきっかけに戦争に発展することを防ぐため、ダンスパウダーの製造・所持を世界的に禁止したという情報が、第161話「緑の町エルマル」で、ナミから当時の麦わらの一味に伝えられた。

CP5

CP9

▲先頭へ