メニューを開く(+)閉じる(×)
ルフィ生誕の21年ほど前のころ、モンキー・D・ガープが海軍の英雄と呼ばれるようになったきっかけの人物。 第907話「虚の玉座」でのヒナの発言によると、ビッグマムやカイドウとも関係があるとする描写が見られる。...
ステータス 出身 とある巨人の国 特徴 巨人族であり、その中でも大きい部類に該当する。 エピソード 巨人の国の巨漢の大悪党! 世界のどこかにある巨人の国で生まれた(エルバフではないことのみ明言されている)。 巨人族の中でも大きい部類のオーズは大悪党として名を馳せ、氷の国で凍死した。 死後はスリラーバークで死体を冷凍保存されており、ゲッコー・モリアがルフィの影を入れることで復活を遂げた。 ...
エピソード ONE PIECE 24 (ジャンプ・コミックス) 空島編の序盤のストーリーにおいて、その発言のみ登場した物理学者。 サウスブルーの船「セントブリス号」が空から降って来たシーンで、下記の一節が紹介された。 人が空想できる全ての出来事は起こりうる現実である(第218話「“記録指針(ログポース)”が丸い理由(ワケ)」より) ...
エピソード ONE PIECE(ワンピース)×パンソンワークス《パンダマン》コラボステッカー/LCS-014 各ストーリーの細かいシーンに多数登場 これまでのワンピースのストーリー内で、コミックス版を中心に多数のシーンに、群衆に紛れるなどの形で登場している。 一部登場シーンはアニメ版にも見られる。 コミックス内のSBSによると、偉い立場にあるようだが、ある島では追われる身だといい、それによって色々な場所に逃げているのだと明かされていた。 ...
ステータス 家族 娘(少なくとも2人) ※長女が8歳のときに妻と別れていた。 エピソード 長女の結婚式:アーロンパーク陥落後 アーロンパーク陥落後に、ココヤシ村にいることが確認されていた。 このときは長女の結婚式だった。 次女の結婚式:アラバスタ騒乱時 アラバスタ王国で国王軍と反乱軍の衝突が起ころうとしていたころ、次女の結婚式を終えて飲み歩いており、アラバスタ王国にたどり着いた。 妻と別れて男手一つで娘たちを育ててきたが、不良だった次女には手を焼かされた。 その次女が嫁ぐとなり、表向きには「せいせいする」といいつつも、本心では寂...
■ビッグマムがお茶会のたびに、マザー・カルメルの写真をテーブルの向かい側の席に置いている ■ある給仕担当がマザー・カルメルの写真を落としてしまったとき、ビッグマムがショックを受けた影響でヒザをケガして、血を流したと言っている ■サンジとプリンの結婚式の直前にマザー・カルメルとの関係をビッグマムに問うた者は、思い出に踏み込まれたくないという理由からビッグマムの覇王色の覇気で威圧されてしまっている ■写真でのマザー・カルメルは、髪の毛は肩のあたりまでかかるほどで、右目・右眉にかかる部分は前方にカールしている ■写真の中ではタバコを吸っており、タバコを持っている手の指の爪は、...
■自称「白ひげの愛人」で、息子だというウィーブルを「白ひげとの間に生まれた」と称している ■白ひげが残したという莫大な遺産を狙ってウィーブルとともに旅をしている...
・空白の100年に実在した地上の人物であり、最低でも800年前の人物である ・魚人島のポーネグリフは、当時の人魚姫に対して、ジョイボーイが魚人島の約束を破ったことへの謝罪文である ・内容の詳細はネプチューンも知らない ・だが、いずれ必ずジョイボーイに代わって約束を果たしに来る者が現れるという伝説がネプチューン家に伝わっているため、ネプチューン家が先祖代々ノアを見守り続けることがジョイボーイとの約束である ・約束を果たしに来る者が現れた時、初めてノアは使命を授かる ・ジョイボーイ自身には海王類を動かす力は無い ...

98.正体不明の人物

所属が明らかでないキャラクターや、名前のみ登場したキャラクター、そのほか実態がはっきりしないキャラクター。