メニューを開く(+)閉じる(×)
・WCI31(ホールケーキアイランド31人の料理長)のうちの一人。 ・サンジ、プリン、シフォンらによるケーキ作りに協力した。...
シャーロット・プリンの傍らにいる、ゼリー状の生物。 種族は、第827話の時点では不明。 帽子のようなものをかぶっている。...
シャーロット・プリンの傍らにいる、絨毯(じゅうたん)状の生物。 種族は、第827話の時点では不明。 生物のようにして「ジュータン」としゃべっているような描写がある。...
ルフィチームが万国(トットランド)で出会った、オオカミのミンク族。 トットランドに上陸していたペドロを見るや、懐かしがって近寄ってきた。 ペドロのことを「キャプテン」と呼んでいる描写がある。...
ビッグマム(シャーロット・リンリン)の第十六男(16人目の男子)。 万国(トットランド)のジェラート大臣を務めている。 首都スイートシティでクロカンブッシュをほしがり発作を起こしたビッグマムの暴走を止めるためにビッグマムの前に立ちはだかったが、我を忘れたマムに「寿命(?)」を奪われた。...
■シャーロット家の二十九女で、タイヨウの海賊団の副船長アラディンと婚姻関係を結んでいる ■シュモクザメの半人魚で、タイヨウの海賊団の面々からは「姐さん」と呼ばれている ■アラディンに惚れている描写がみられる ■ビッグマムの傘下を辞めたいといった「前例」を知っているが、そういった者たちが全員死んだという事例を知っている...
■トットランドのスイートシティで、ビッグマムに寿命を奪われたシャーロット・モスカートの近くで、謎の物体に命令していた ■ぶつぶつした長い鼻を持つ ■ルフィ討伐のための「クラッカーの仇討ちの軍」に参加した ■「書司(しょし)」の肩書きを持つ シャーロット家の19男。 チーズ大臣の役に就いている。 クラッカーがやられた姿を見て、倒した人物に対して恨みを持っている描写がある。 ■本を鳥のように羽ばたかせて、その上に乗って浮遊することができる ■相手を「本の世界」へといざなうことができる、モンドールの元にある本を閉じると元に戻る ■ジンベエいわく、本の世界...
■ホールケーキアイランドの南西の「誘惑の森」に埋まっていた巨人のような人物 ■巨人を思わせるほど大きな頭をしているが、体はルフィ達人間とさほど大差ない、二頭身の体格の持ち主である ■自身のことを「ウヌ」という ■アップルジュースが好き ■シャーロット・リンリンの夫 ■シフォンとローラという2人の娘をもうけた後に捨てられた ■ホールケーキアイランドのキャラクターたちからは相手にされていない描写がみられる ...
■ホールケーキアイランド南西の「誘惑の森」で、ルフィ達が上陸した際に彼らの前に、偽物のルフィとサンジを映し出した ■シャーロット家8女 ■「ウィッウィッウィッウィッ」と笑う ■本人曰く、美しい顔を見ると切り裂きたくなるという ■ミラミラの実の鏡人間 ■技「反射(リフレクション)」を使う ■技「鏡世界(ミロワールド)」を使う ■ルフィや仲間たちのそっくりさんを作り出すことができる ■現実世界と鏡世界(ミロワールド)の境目にブリュレの身体をおいておくことで、誰でも自由に2つの世界を行き来できるようになる...
■シャーロット家22女 ■カポネ・ギャング・ベッジの妻であり、彼との間に息子カポネ・ギャング・ペッツをもうけている ■パウンドとビッグマム(シャーロット・リンリン)との間にできた娘である...
■シャーロット家の長男で、万国(トットランド)のキャンディ大臣を務めている ■ペロペロの実のキャンディ人間 ■ビッグマムが入手したというパンクハザードの設計図を使って、そっくりの研究施設をホールケーキアイランド内に建てた ■サンジが持っていたシーザー・クラウンの心臓を、ヴィトを介して受け取っていた ■2週間のリミットのもと、シーザーに「人の巨大化」の研究を行わせた...
■ホールケーキアイランドの「誘惑の森」の主として君臨する、擬人化された巨大な樹木 ■本人曰く、今まで標的を生きて返したことは無い...
芋虫バイクを運転する、リーゼントヘアの少年。 オペラやガレットたちのことを「兄者」と呼んでいる描写がある。...