メニューを開く(+)閉じる(×)
目次 ステータス エピソード 関連情報:モンブラン・ノーランドについて ステータス 出身 北の海(ノースブルー) 所属 ルブニール王国・探検船提督 武器 細身の剣 特徴 栗の形をイメージした頭部/左胸の十字の傷/ 家族 モンブラン・クリケット(400年後の子孫) ※ほか、ジャヤ上陸時点でノースブルーに妻子があると第291話「ここにいる」で話していた。 このキャラクターの目次へ エピソード 北の海(ノースブルー)の絵本「うそつきノーランド」のモデル ノースブルーに伝わる絵本「...
ステータス 出身 北の海(ノースブルー) 拠点 ジャヤ島 所属・役職 猿山連合軍最終園長(ラストボス) 特徴 頭部に栗が乗っている。 ルフィからの呼ばれ方 「ひし形のおっさん」 エピソード モンブラン・ノーランドの400年後の子孫 童話「うそつきノーランド」の主人公モンブラン・ノーランドの子孫。 ノーランドが「海底に沈んだ」と訴えている黄金を探すために海底にもぐり続け、「潜水病」と呼ばれる病にかかるほど身体に負担をかけている。 ルフィがエネルを倒したときに黄金の鐘を鳴らし、黄金郷が空にあるということを...

11.偉大なる航路(グランドライン)

偉大なる航路(グランドライン)に属する国や、島々に住むキャラクター。

ジャヤ

政府非介入の無法地帯

第222話「大型ルーキー」によると、港に多数の海軍船が堂々と停泊している描写が見られる。
ジュー・ウォールという人物が残した航海日誌によると、ジャヤの西にあるモックタウンという街は政府も介入しない無法地帯だという。
そこの酒場に集う客は空島の存在をまるで信じている様子が見られない。
なお、次の島へのログは4日ほどでたまると酒場の店主が答えている。

ルブニール王国