メニューを開く(+)閉じる(×)
大きな麦わら帽子のあるマリージョアの冷気に満ちた部屋に、ルフィや黒ひげの手配書を手に持って入ってきた。 場面が変わってマリージョアのパンゲア城内「花の部屋」では、ルフィや黒ひげの手配書をナイフで切り、しらほしの写真にもナイフを突き立てていた。 マリージョアの虚の玉座に腰を掛け、五老星から 歴史より消すべき“灯(ともしび)”がまたお決まりでしょうか?然らばその者の名を!!(第908話「世界会議開幕」より) と、求められていた。 ...