メニューを開く(+)閉じる(×)

目次

ステータス

出身

スカイピア

所属・役職

シャンディア

装備

燃焼砲(バーンバズーカ):風貝(ブレスダイヤル)を内蔵/排撃貝(リジェクトダイヤル)/海楼石(ウエイバーのシューターに内蔵)/腰巻き/

異名

戦鬼(せんき)

家族

カルガラ(先祖)/セト(先祖)/ムース(先祖)/

翼の形

U字型

刺青(タトゥー)

左目や左肩に、模様のような刺青(タトゥー)を入れている。

腰みのの中について

コミックス第32巻のSBSによると、詳しいことは作者・尾田栄一郎先生でも分からないとある。

知っている

第252話「JUNCTION」でルフィのゴムゴムの実の能力を見て「超人系(パラミシア)」というキーワードを発しており、悪魔の実を知っていることを示す描写がある。
また、第275話「神曲(ディビーナコメイディア)」によると、海楼石のことも知っている描写が見られる。

このキャラクターの目次へ

エピソード

スカイピアをめぐる「神」との戦いに対する思い

シャンディアを先住民とする神の島(アッパーヤード)を取り返すことにおいて先陣を切って行動しており、勝つか負けるか、それ以外は無いと断言している。
そのため、ガン・フォールたちも、そしてエネルやその部下たちに対しても排除の思いや、敵対心を持っている。

神の島(アッパーヤード)への侵攻

麦わらの一味によって神官サトリが倒されたことを受けて、ほかのシャンディアたちとともに神の島(アッパーヤード)に攻め入った。
これはエネルの首を取るためのもので、覚悟の無いものを責めることなく置いていき、エネルとの勝負をつけるものであった。
自身は空島サバイバルで上層遺跡まで登りつめ、3時間経った時点での「5人」のうちの一人に残った。
さらには海楼石を使ってエネルの能力を一時的に無効化させることに成功したものの、復活したエネルによって敗れてしまった。

紐の試練〜VSシュラ〜

アッパーヤードの空島サバイバルでは、紐の試練をつかさどる神官シュラを討ち取り、サバイバルの最初の脱落者とした。
シャンディアの戦士の中では唯一、紐雲に引っかからないように警戒しながら進んでおり、もとから持っていた盾と銃を捨てて、排撃貝(リジェクトダイアル)で攻撃し、一撃でシュラを粉砕した。

ゾロが想定していた以上の戦闘力

空島サバイバルでは、第268話「組曲(スウィート)」にて一時的にゾロと対峙した。
その際、刀の一振りを貝(ダイアル)付きのスケート靴で受け止めた描写ののちに、ワイパーの実力がゾロの想定以上のものであったことを示す描写が見られた。

このキャラクターの目次へ

※このページの情報は、実在の物事とは一切関係ありません。

関連情報:ワイパー