メニューを開く(+)閉じる(×)

ステータス

所属・役職

インペルダウンLEVEL6(囚人)
→黒ひげ海賊団

特徴

マリンフォード頂上戦争に参戦していた海兵によると、サンファン・ウルフほど大きな生物は他にいないという。

エピソード

人呼んで「巨大戦艦」

「巨大戦艦」という異名を持っており、第538話「LV5.5番地 ニューカマーランド」によるとエンポリオ・イワンコフの説明でそのキーワードが挙げられていた。
コミックス第84巻発売時点まででの筆者調べでは、人のようにふるまうサンファン・ウルフが巨大「戦艦」と呼ばれる理由については明言されている箇所が見当たらない。

白ひげへの総攻撃には参加せず

第576話「大海賊エドワード・ニューゲート」では、黒ひげ海賊団のそれぞれが武器を手に取って白ひげに総攻撃を仕掛けるシーンでも、サンファン・ウルフのみ攻撃に参加している描写が見られなかった。

悪魔の実の能力者である可能性

新世界の燃える島に到着していた第595話「宣誓」では、島には上陸せずに海の中に身体を浸していた。
身体に力が入らないという趣旨の発言をしていたこともあり、悪魔の実の能力者である可能性は否定できない。

伏線考察記事を読む

伏線考察:サンファン・ウルフ

伏線考察:黒ひげ海賊団

※このページの情報は、実在の物事とは一切関係ありません。

関連情報:サンファン・ウルフ