メニューを開く(+)閉じる(×)

ステータス

所属・役職

アラバスタ王国護衛隊(副官)

誕生日

8月23日

特徴

アラバスタの最強戦士で、「ファルコン(隼)」を象徴とする。

エピソード

レインベースの偵察からルフィの救出へ

コブラの指示を受け、クロコダイルによって操られている反乱軍を案じてレインベースへ偵察に向かった。
そこで、ミス・オールサンデー(ニコ・ロビン)との戦いに敗れてしまい、ビビをカジノ「レインディナーズ」に連れて行かれてしまった。
その後、クロコダイルに敗れたルフィを砂の中から引き上げていたロビンを見つけ出したが、瀕死のルフィを助けることとなった。
ルフィ復活後は背中に乗せて、アルバーナ宮殿に再登場した。

戦士としての目的

過去には、何度注意しても弾薬庫に出入りしてしまうビビの頰を叩いたこともあったが、それを少し離れたところから見ていたコブラは、口出しすることはなかった。
その一方で、背中にビビを乗せて空を飛ぶことをコブラから禁じられていたにもかかわらず、ビビの機嫌をとるために内緒で乗せてあげたこともあった。
その時に、先頭の訓練をする目的が、戦うことより「守ること」にあるとビビに話していた。

守護神「ファルコン」の誇り

第208話「守護神」では、アルバーナ宮殿に砲弾が落とされそうな状況で、その砲弾を抱えて空高く飛び立った。

我ーーアラバスタの守護神ファルコン
王家の敵を討ち滅ぼすものなり
(第208話「守護神」より)

という言葉を、チャカとついになる形で心に秘めていたが、砲弾を抱えて飛び上がるこのシーンでアルバーナ宮殿のファルコンの石像が倒れて砕けた。
ところが、アラバスタ編を終えてDr.ポツーンの治療を受け、王宮に戻った描写が見られる。

能力

トリトリの実・モデル「ファルコン」
第169話「王国最強の戦士」のシーンでは、ガトリングガンのような銃を装備しながらビビを救出しにやってきた。
バロックワークスの社員たちはペルを「アラバスタ最強の戦士」と呼んでいた。
同話によるとペルの能力は、

世界に5種しか確認されぬ『飛行能力』
(第169話「王国最強の戦士」より)

であるという。

飛爪(とびつめ)

複数の敵の銃撃を素早くかわして翻弄しながら攻撃する。

※このページの情報は、実在の物事とは一切関係ありません。

関連情報:ペル