メニューを開く(+)閉じる(×)

ワンピース FILM GOLD グッズ

目次

ステータス

出身 東の海(イーストブルー)・ココヤシ村
所属・役職 麦わらの一味(航海士)
懸賞金 1,600万ベリー(エニエス・ロビー壊滅後)
→6,600万ベリー(ドンキホーテファミリー壊滅後)
武器 天候棒(クリマタクト):アラバスタ編より
→完全版・天候棒(パーフェクト・クリマタクト):エニエス・ロビー編より
→ソーサリー・クリマタクト:ウェザリアからの合流以降
年齢 18歳(ルフィ17歳時点)
→20歳(ルフィ19歳時点)
誕生日 7月3日
身長 169cm(ルフィ17歳時点)
→170cm(ルフィ19歳時点)
スリーサイズ B86・W57・H86(初登場時)
→B95・W55・H85(Iカップ:ウォーターセブン編当時)
→B98・W58・H88(Jカップ:ルフィ19歳時点)
星座 かに座
血液型 X型
好きな食べ物 みかん・フルーツ全般
嫌いな食べ物 オランジェット
※フルーツはそのまま食べたいため
得意料理 鴨肉のローストみかんソース
好きな季節 春島の夏
イメージされる動物
イメージナンバー 03、73(ナミ)
イメージカラー オレンジ
イメージされる花 ヒマワリ
イメージされる国 スウェーデン
イメージされる県 愛媛県
イメージされる職業 保育士
麦わらの一味を家族に例えると? 長女
ニオイ お金とみかん
入浴頻度 毎日
起床時間 午前7時
就寝時間 午後11時

▲この記事の目次へ

エピソード

ナミの生い立ち

とある戦場で力尽きようとしていた、元海兵のベルメール。

そこへやってきたのが、生まれたばかりのナミを抱いていたノジコだった。

戦火の中でベルメールに拾われたナミは、ベルメールの故郷・ココヤシ村で育てられることになった。

畑でみかんを栽培しながら義姉のノジコとともにベルメールに育てられたナミは、強くたくましく成長していく。

アーロンとの約束

突如ココヤシ村を襲撃した魚人海賊団アーロン一味によって、育ての親のベルメールを失ったナミは、支配された村を取り返すために、ベルメールの命を奪った張本人・アーロンの元に身を寄せて、測量士として海図を描くことになった。

アーロンからココヤシ村を取り返すための約束の金額は1億ベリー。

測量のかたわら、海賊相手に泥棒を働き(ワンピースの世界では合法)、お金を少しずつ貯めていった。

しかし、アーロンと海軍第16支部との共謀によりナミの計画は破綻。

絶望のナミの声を聞いたルフィ達が立ち上がり、アーロン一味を壊滅させた。

航海士としての旅立ち

ココヤシ村をはじめとするすべての村や集落をアーロンの支配から救ったルフィによって、ナミの目的は果たされた。

ここから、航海士としてのナミの旅が始まっていった。

アラバスタ編で敵幹部と1対1で対峙

アラバスタ編ではミス・ダブルフィンガーと対峙し、ストーリー内では初めて、名前付きの敵幹部のキャラクターと最初から最後まで1対1で戦闘し、勝利した。

劣勢に立たされる場面がありながらも、第191話「天候を操る女」では、8年間の泥棒経験の中で数々の死線を一人で乗り越えてきた経験から腹をくくった。

▲この記事の目次へ

夢・野望

自分の目で見た世界地図を描くこと

▲この記事の目次へ

ナミに関する伏線考察

ナミに関する伏線考察は、こちらからご覧いただけますm(__)m

ナミに関する伏線考察

▲この記事の目次へ

ナミの技

リトルガーデン編まで

リトルガーデン編までは、3つに分割できる棒を脚に付けており、戦闘時に取り出して連結して武器にしていた。
この棒術による明確な技名は、本編には見当たらない。

天候棒(クリマ・タクト)

アラバスタ編以降に使用するようになった武器。
技名の「テンポ」は「天気」を意味するイタリア語に由来する。
第168話「夢の町“レインベース”」では、ウソップに制作を依頼していたことが明かされ、3つの棒の組み方次第で攻撃が変わることが説明された。
ただし、ウソップ自身は宴会芸での使用を想定しており、使い始めのころは戦闘にそぐわない効果ばかりが登場していた。

ファイン=テンポ アラバスタ編でのミス・ダブルフィンガー戦などで使用。
クリマタクトを三角形に組んで、ハトが登場する仕組み。
ウソップいわく宴会芸を想定しているもの。
クラウディ=テンポ アラバスタ編でのミス・ダブルフィンガー戦などで使用。
3節で構成されるクリマタクトを2:1でL字型に組んで小銃(ライフル)のようにすると、銃口にあたる部分から「花」が飛び出す。
こちらもウソップが宴会芸用に想定したもの。
レイン=テンポ アラバスタ編でのミス・ダブルフィンガー戦などで使用。
短い3本に分割したクリマタクトのそれぞれからの水の噴射はミス・ダブルフィンガーからは「水芸」「やけくそ」とも評されたが、ナミ自身は戦闘場所の湿度を上昇させる意図があった。
ウソップに言われれば、やっぱり宴会芸を想定していた。
スプリンクラー 両手にタクトを持った状態から足を軸にしてくるくる回転して水を発射する。
サンダー=テンポ アラバスタ編でのミス・ダブルフィンガー戦などで使用。
クリマタクトをY字型に組んで、うち2本を持ってスイッチを押すと、ボクシングのグローブが飛び出す。
これまたウソップいわく宴会芸用のもの。
熱気泡(ヒートボール) 3本あるクリマタクトのうち1本に筒から空気を入れるように吹くと、熱気を発生させることができる。
威力に関しては、第191話「天候を操る女」でのミス・ダブルフィンガーの反応を見る限り、単体で相手に命中しただけでは勝敗に直結するほどのダメージは与えられない。
冷気泡(クールボール) 冷気を発生させることができる。発生方法や威力はヒートボールと同様。
電気泡(サンダーボール) 電気を発生させることができる。発生方法や威力はヒートボールと同様。
サイクロン=テンポ アラバスタ編でのミス・ダブルフィンガー戦などで使用。
3本のクリマタクトのうち、ヒートボールが出るタクトとクールボールが出るタクトを十字型に組んで、それをブーメランのように飛ばす。
ウソップはことごとく宴会芸用のものを想定していたが、ナミは「熱気泡(ヒートボール)」と「冷気泡(クールボール)」との交わりが気流を発生させることで、回転が止まったときに爆発的な風が起こると分析していた。
蜃気楼(ミラージュ)=テンポ アラバスタ編でのミス・ダブルフィンガー戦などで使用。
周囲の空気に温度差を発生させて光の異常屈折を起こし「蜃気楼(しんきろう)」を作って敵を惑わせる。
サンダーボルト=テンポ アラバスタ編でのミス・ダブルフィンガー戦などで使用。
ヒートボールとクールボールで雲を起こした上で、サンダーボールをそれにぶつけることで雷雲を作り、敵に稲妻を落とす。
トルネード=テンポ アラバスタ編でのミス・ダブルフィンガー戦などで使用。
鳩時計の鳩のようなヒモ付き・ネジ付きの人形が飛び出た状態からクリマタクトが回転を始め、ハトが絡まって取れない状況下で、相手が石の壁を貫通するほどの威力で吹き飛ばす。
使用するとヒモ(?)が絡まるため、一度の戦闘で多用はできない。
ウソップいわく外せば終わりの最終手段だが、敵が人間ならば食らって立ち上がれるものはいないという
フォッグ=テンポ 空島編でのホトリ戦などで使用。
ホトリ戦では、相手が炎貝(フレイムダイヤル)を使っていたため、ナミが「冷気泡(クールボール)」を利用して霧(きり)を発生させた技。

完全版・天候棒(パーフェクト・クリマ・タクト)

空島から帰ってきて、ウソップがゴーイングメリー号を巡って離脱するまでの間に改良した天候棒(クリマタクト)。
球状の部位には空島の「貝(ダイヤル)」が利用されており、威力や連続技のバリエーションなどが強化されている。

サンダー=チャージ エニエス・ロビー編でのカリファ戦などで使用。
クリマタクトの先端に電気を集める効果がある。
風速計(スイングアーム) エニエス・ロビー編でのカリファ戦などで使用。
サンダー=チャージから、電気を帯びたクリマタクトを相手に放って攻撃する。
クラウディ=テンポ エニエス・ロビー編でのカリファ戦などで使用。
元祖クリマタクトの「クラウディ=テンポ」での宴会芸とは異なり、雲を発生させる効果がある。
レイン=テンポ エニエス・ロビー編でのカリファ戦などで使用。
雲に冷気泡(クールボール)を放つことで水蒸気を凝結させ、雨を降らせる効果がある。
元祖クリマタクトのレイン=テンポでも水を発する効果はあったが、水量や発生させる範囲に大きな違いが見られる。
サイクロン=テンポ エニエス・ロビー編でのカリファ戦などで使用。
元祖クリマタクトのサイクロン=テンポと大きな描写の違いは見られないが、放ったクリマタクトの一部がブーメラン状に戻ってこない点は異なっている。
サンダーボルト=テンポ エニエス・ロビー編での海兵たちとの戦闘などで使用。
元祖クリマタクトにも同様の技はあるが、威力や技の有効範囲への大きな変化をナミが実感する描写がある。
雷雲を操れば局所的な攻撃も可能。
クール=チャージ エニエス・ロビー編でのカリファ戦などで使用。
クリマタクトの先端に冷気を集める効果がある。
蜃気楼(ミラージュ)=テンポ エニエス・ロビー編でのカリファ戦などで使用。
冷気を利用して蜃気楼(しんきろう)を作り、敵を惑わして攻撃を回避する。
幻想妖精(ファタ・モルガナ) エニエス・ロビー編でのカリファ戦などで使用。
蜃気楼(ミラージュ)=テンポの応用で、複数種類の蜃気楼を作り出す。
ベースはナミ本人だが、どの蜃気楼も大きさを変化させることができる。
黒雲(ダーククラウド)=テンポ エニエス・ロビー編などで使用。
クリマタクトを2本組んで、雷雲を発生させる。
雷光槍(サンダーランス)=テンポ エニエス・ロビー編でのカリファ戦などで使用。
黒雲(ダーククラウド)=テンポからの連続技で、そこから離れた場所にサンダー=チャージで電流を作る。
その間に敵を挟み込むことで、電流でヤリのように敵を貫く。

魔法の天候棒(ソーサリー・クリマ・タクト)

ウェザリアの「天候の科学」を踏まえてさらに強化された。
ゾウからホールケーキアイランドへ向かうまでの間にウソップが改良を加えたことで、ポップグリーンによる効果も追加された。

突風(ガスト)ソード 魚人島編などで使用。
分割した最小単位のクリマタクトを使うことで強烈な突風を放って攻撃する。
また、パンクハザード編で見られたように、有毒ガスなどの気体を飛ばす効果もある。
ブラックボール 魚人島編などで使用。
クリマタクトから雷雲のような気泡を発生させる。
雷雲(らいうん)=ロッド 魚人島編などで使用。
ブラックボールからの連続技で、気泡をつなげて雷雲に変化させることで、それを振ることで相手を攻撃する。
シャワー=テンポ 雨雲を発生させることができる。
温水を振らせることもできるため、お風呂のシャワーとしても応用は可能である…。
ミルキーロード パンクハザード編などで使用。
海雲を発生させて、空島スカイピアで見られたような雲の道を出すことができる。
短時間しか持たないといわれているが、パンクハザードへ入る際には重宝された。
雷雲の罠(サンダー・トラップ) パンクハザード編での島内にいた小型の竜(ドラゴン)に対する攻撃などで使用。
雷雲を作って相手に電撃を与える。
熱卵(ヒートエッグ) パンクハザード編でモネの注意をひくためなどに使用。
最小単位に分割したクリマタクトから熱気を発生させることができる。
ミルキーボール パンクハザード編で暴走した子供達の相手などで使用。
ボール状の海雲を発生させる。
天候の卵(ウェザーエッグ) パンクハザード編などで使用。
クリマタクトからタマゴのような物体を発生させ、様々な現象を発生させる。
サンダーブリード=テンポ パンクハザード編などで使用。
狙いを定めて相手に電撃を与える。
蜃気楼(ミラージュ)=テンポ ゾウ編などで使用。
中でも特にゾウを出発する際は、この技を使うことでウソップのクリマタクト改造のための費用の支払いから逃れている。
レイン=テンポ ホールケーキアイランド編でのクラッカーとの戦闘の援護などに使用。
天候の卵(ウェザーエッグ)で発生させておいて、雨雲から雨を降らせる。
サンダーボルト=テンポ 元祖クリマタクトから続いて使用されている技。
相手を追撃して電撃をくらわせる。
雷光槍(サンダーランス)=テンポ 完全版クリマタクトでは雷雲とクリマタクトの間に敵を挟み込む描写があったが、魔法のクリマタクトでは作り出した雷雲から相手めがけて電撃を発生させることができる。

その他の技

幸せパンチ 体に巻いていたタオルを大浴場で取って全身を披露。
アラバスタの大浴場で披露した際には、ルフィ、ウソップ、サンジ、チョッパー、コブラ、イガラムが見ていて、一人あたり10万ベリーを請求された。

▲この記事の目次へ

※このページの情報は、実在の物事とは一切関係ありません。

関連情報:ナミ