メニューを開く(+)閉じる(×)

ステータス

所属・役職

バロックワークス(オフィサーエージェント)
→クロコダイルの部下

特徴

胸に「壱」の文字
眉毛が「一」のようにつながった形
(インペルダウン編以降は、右目の近くに傷がある)

エピソード

オフィサーエージェント最強の男

バロックワークスに加入する前は「殺し屋」という異名を持つウエストブルーの賞金稼ぎとして名を馳せ、ゾロとの戦闘の中でも自身を「発掘屋」ではなく「殺し屋」と称していた。
「ダズ・ボーネス」という名前はスモーカーだけでなく、たしぎも知っていた。
アルバーナのメディ議事堂・表通りの戦いでゾロに敗れるまで、剣士には傷一つ付けられたことはなかった。

アルバーナの戦いからインペルダウン収監へ

ユートピア作戦にて、第171話「反乱軍統率者(リーダー)コーザ」ではミス・ダブルフィンガーと共謀してナノハナの港に武器商船を衝突させた。
本人いわく、この任務も含めて骨のある仕事と感じたものは記憶になかったという。
アルバーナでミス・ダブルフィンガーとともにゾロ&ナミと対峙した際、

標的は弱者より消すべし
(第189話「2(ツー)」より)

という殺しの手引きの第一項目に従い、まずナミを狙った。
バロックワークス壊滅後は留置場に捉えられており、ミス・ゴールデンウィークらが脱獄を手助けにやってきたが、クロコダイルとともに留置場に残り、インペルダウンに収監された。

インペルダウン脱獄から新世界へ

インペルダウンではレベル4「焦熱地獄」に収監されており、ルフィが発端となった脱獄劇にて、クロコダイルに誘われ脱獄した。
マリンフォード頂上戦争にも参加し、ミホークとも戦った。
頂上戦争後にクロコダイルとともに新世界に入った。

能力

スパスパの実
全身刃物人間で、身体中を刃物に変えることができる。
ゾロいわく、太刀筋には裏表がない。
第160話「スパイダーズカフェに8時」ではMr.2に蹴られたが、その能力で壁を砕くことで、ダメージを受けている様子が見られなかった。
また、刃物であると同時に体の硬度も「鉄」のように固く、打撃や斬撃は無効にしてしまう。

斬人(スパイダー)

胸の前で拳をあわせて相手の攻撃を防ぐ技。
ゾロの斬撃も防ぐことができた。

掌握斬(スパークロー)

手の指を刃物のようにして攻撃する技。

発砲雛菊斬(スパークリングデイジー)

両手の指が放射状になるように手のひらをあわせる技で、ゾロの刀も受け止めた。
ゾロの背後の建物は斬れてしまった。

微塵斬(アトミックスパ)

建物の壁でもサイコロ状に斬ることができる技。

螺旋抜斬(スパイラルホロウ)

腕に刃を出して、それを回転させ、腕をぶつけるようにして攻撃する技。
刀とぶつかると火花が散るほどのスピードがあり、ゾロもその速度に驚いたほどだった。

滅裂斬(スパーブレイク)

両手で「X」を書くように交差させて相手を攻撃する。
この技を食らったゾロはダメージを受け、背後の柱は完全に砕けていた。

微塵斬速力(アトミックスパート)

刃物状態にした足で踏み込んだ反動を利用して、スケートのように滑って相手に向かっていく技。
同じく刃物状態の手指で攻撃することもできる。

※このページの情報は、実在の物事とは一切関係ありません。

関連情報:ダズ・ボーネス(Mr.1)