メニューを開く(+)閉じる(×)

ステータス

出身

???
※スリラーバーク自体は西の海(ウエストブルー)から流れてきている

所属

スリラーバーク(四怪人の一人)
王下七武海→除名(マリンフォード頂上戦争後に)

懸賞金

3億2,000万ベリー
→王下七武海加入により懸賞金は無効
→除名後、世間では死亡扱いとなっており、コミックス第85巻時点での懸賞金は不明

能力

カゲカゲの実
相手や自分自身の影を操る。

武器

影切りバサミ

エピソード

海賊王処刑の瞬間を目の当たりに

ルフィ誕生5年前に執行された海賊王ゴール・D・ロジャーの処刑の瞬間を、ローグタウンでじかに見届けていた。

「四皇」の一人と互角の能力

敗れはしたものの、ゲッコー・モリアはかつて、「四皇」の一人である「カイドウ」という男と互角に渡り合ったことのある海賊だった。

マリンフォード頂上戦争後の「除名処分」

マリンフォード頂上戦争後に、ドフラミンゴた複数のパシフィスタからの攻撃を受けた。
ドフラミンゴいわく、センゴク元帥(当時)より「もっと上」の人物から、モリアの除名処分が下ったとのことである。
とどめを刺される寸前で姿を消したが、表向きには「マリンフォード頂上戦争で戦死した」という扱いになっている。

夢・野望

部下によって自分を海賊王に「ならせてもらう」こと

※このページの情報は、実在の物事とは一切関係ありません。

関連情報:ゲッコー・モリア