メニューを開く(+)閉じる(×)

ワンピース FILM GOLD グッズ

この記事の目次

ステータス

出身

東の海(イーストブルー)・フーシャ村

所属・役職

麦わらの一味(船長)

懸賞金

3000万ベリー(アーロンパーク壊滅後)
→1億ベリー(クロコダイル討伐後)
→3億ベリー(エニエス・ロビー崩壊後)
→4億ベリー(マリンフォード頂上戦争後)
→5億ベリー(ドフラミンゴ討伐後)

家族

モンキー・D・ガープ(祖父)、モンキー・D・ドラゴン(父)、ポートガス・D・エース(義兄)、サボ(義兄)

趣味

冒険、宴

動物に例えると?


▲この記事の目次へ

エピソード

シャンクスとの出会い、憧れ

7歳のころ、フーシャ村に停泊していた赤髪海賊団の船長シャンクスに憧れ、海賊を志すようになった。

麦わら帽子に託された夢

ある日、山賊たちの怒りを買って海に投げられたルフィを、シャンクスが自らの左腕を犠牲にして助けた。

その後、シャンクスがフーシャ村を離れるときに、麦わら帽子をもらい、いつかの再会を誓い合った。

有力者ばかりの家族たち

白ひげ海賊団の2番隊隊長「火拳のエース」という、3歳年上の兄がいる。

また、世界最大級の犯罪者「革命家ドラゴン」を父に持ち、祖父は海軍本部中将「ゲンコツのガープ」である。

エースの実の父親は昔から知っていた

義兄ポートガス・D・エースとは7歳の頃に知り合った。

その際に、実の父親がゴールド・ロジャーだと知っており、第552話「エースと白ひげ」で、革命軍のエンポリオ・イワンコフ達にその旨を伝えている。

物事に対する独特な視点・観点

世間の物事に対する見方には独特な視点・観点があり、麦わらの一味の仲間達からも、たびたびそれを指摘されている。

アラバスタ編では砂漠の移動中に空腹を訴え、

腹が減ったら食うんだ
(第162話「砂の国の冒険」より)

という「ことわざ」があると披露したほか、アラバスタのカジノ「レインディナーズ」の檻に閉じ込められていた時は「バナナからワニが生えている」という趣旨のリアクションを見せており、ガイモンの住んでいる珍獣の島に上陸した際は、ヘビのような手足を持たない長い体にウサギの耳などの要素が融合した生物を「うさぎ」と呼んでナミからヘビだとツッコミを受けるなど、独特な基準を持っていることをうかがわせる描写が度々ある。

戦闘能力に対する仲間からの信頼

戦闘に対しては、多くの場面で自信を持っている描写がうかがえる。

また、麦わらの一味の仲間もルフィの戦闘能力を高く評価しており、第177話「3000万VS8100万」でナミは、クロコダイルと対峙するルフィに心配を隠せないビビをなだめるため、それまでにルフィに狙われて無事だったものはいないという趣旨のセリフを発していた。

戦いの後の「宴」

主に大きな戦いの後、仲間やその土地の関係者などと一緒に「宴」を開く事がある。

第167話「戦線」では、クロコダイルを倒したらメシを食わせろと伝え、クロコダイル壊滅後に麦わらの一味とビビ、コブラ達により晩餐会が開催された。

アラバスタ編:VSサー・クロコダイル

アラバスタ編では、クロコダイルの王国乗っ取りを阻止する為、クロコダイルをぶっ飛ばす意志を早々に表明していた。

途中でレインベースのカジノ「レインディナーズ」に捕まるも、サンジやチョッパーの機転で解放され、レインベース郊外でクロコダイルと対峙。

クロコダイルのスナスナの実の能力に全然攻撃を当てられずに苦戦し、第178話「LEVEL.G・L」では体にかぎ爪を刺されて、敗北してしまった。

ところが、第179話「決戦はアルバーナ」でクロコダイルの腕の水がかかった部分は触れることを理解し、ペルの治療を受けた後、第198話「午後四時十五分」では復活してアルバーナに現れた。

そのときに樽を背負っており、クロコダイルの弱点の「水」を利用して一時は優勢に戦闘を進めながら、隙を突かれて水分を吸収されてしまい、再び敗北。

それでもあきらめず、第204話「RED」ではポーネグリフを見にアルバーナの地下の葬祭殿に向かったクロコダイルに三度目の挑戦。

死闘の末、第209話「越えて行く」ではついにクロコダイルを倒した。

戦闘の際にクロコダイルから毒を受けていたが、コブラいわくそれは中和され、崩れゆく地下の葬祭殿からロビンとコブラを抱えて脱出した。

また、Mr.2ボン・クレーの変装対策として、包帯の下に「バツ印」を描くことを提案しており、アラバスタ王国出港時のビビとの別れでも、そのバツ印を「仲間の印」として左腕を高く掲げて別れた。

カイドウを倒すために同盟を結成!

ハートの海賊団や侍、忍者、ミンク族と共に、カイドウを倒すための「忍者海賊ミンク侍同盟」を結成した。

「同盟」を「友達」のことだと思っており、ローとの認識の違いがみられる。

▲この記事の目次へ

夢・野望

世界のどこかにある「ひとつなぎの大秘宝(ワンピース)」を手に入れること。

▲この記事の目次へ

モンキー・D・ルフィに関する考察

モンキー・D・ルフィに関する考察

▲この記事の目次へ

モンキー・D・ルフィの能力

ゴムゴムの実

身体をゴムのように伸ばしたり、弾ませたりできる。

また、武装色の覇気をまとっていない打撃の多くを無効化したり、電撃を与えても効果が無い描写も見られる。

覇王色の覇気/武将色の覇気/見聞色の覇気

▲この記事の目次へ

モンキー・D・ルフィの技

ゴムゴムのダメだ~

相手にものを渡さないように妨害する技。

第167話「戦線」では、ユバで蒸留して作った水を簡単に飲んではダメだとウソップに理解させる為に使った。

ゴムゴムの丸鋸(まるノコ)

腕を伸ばして相手の肩を両手でつかみ、腕がもとに戻る反動を使って、体を回転させながら相手を攻撃する技。

第199話「HOPE」では体を水で濡らした状態でクロコダイルに対して使用し、攻撃が命中していた。

ゴムゴムの銃散弾(ピストルショット)

片方の腕で、一度ゴムゴムの銃を放っておいて、その腕をもう片方の腕で弾いて上下のスナップを利かせることで、パンチの軌道を予測しきれないものにする技。

第200話「水ルフィ」では、クロコダイルにフェイントを仕掛けていた。

水水の銃(ピストル)

「水ルフィ」の状態で体内に多くの水をたくわえた状態から、ポンプをこいで口から水を発射する技。

第201話「ニコ・ロビン」では、発射した水は全てクロコダイルに吸収されてしまっていた。

ゴムゴムの暴風雨(ストーム)

相手を天井や空高くに蹴り上げ、直後にその相手めがけて飛んでいき、パンチを中心とした連続攻撃を繰り出す技。

第209話「越えて行く」では、クロコダイルへとどめを刺す技として使用し、見事に勝利した。

ゴムゴムの身代わり&ゴムゴムのJET身代わり

マリンフォード頂上戦争でのミホーク戦で初めて使用。

近くを飛んでいたバギー(バラバラの実の能力者のため、斬られてもダメージを受けない)を捕まえて、ミホークの斬撃を受けさせる技。

ゴムゴムの灰熊銃(グリズリーマグナム)

パンクハザード編のシーザー戦などで使用。

シーザー戦では大きく助走をつけ、シーザーを研究所の外まで飛ばした。

ゴムゴムの龍肩肉巻きムチシュート(ゴムゴムのたつエポールムチまきシュート)

ルフィ&ゾロ&サンジによる連携技。

第162話「砂の国の冒険」でこの技を使用し、サンドラオオトカゲを一撃で倒していた。

▲この記事の目次へ

※このページの情報は、実在の物事とは一切関係ありません。

関連情報:モンキー・D・ルフィ