メニューを開く(+)閉じる(×)

ステータス

出身

魚人島(魚人街)

所属・役職

タイヨウの海賊団(初代船長)

懸賞金

2億3000万ベリー

特徴

タイの魚人(現在は故人)

エピソード

魚人街のリーダー

魚人街を仕切っていたリーダー的な存在だった。
ジンベエやアーロンからは「タイのお頭」「大アニキ」などと呼ばれて慕われていた。

奴隷解放のための「大暴れ」

冒険家として世界中を旅していた途中に人間に捕えられ、数年もの間、マリージョアにて奴隷として使われていた。
脱走し、ルフィ4歳時点で赤い土の大陸(レッドライン)を素手でよじ登り、マリージョアで大暴れをして、種族を問わず奴隷を解放した。
それを機に「奴隷解放の英雄」とたたえられるようになるが、同時に政府から追われる身となり、タイヨウの海賊団を結成した。

人間の血を拒み、惜しまれながらの「死」へ

ルフィ7歳時点で、元奴隷の少女コアラと出会い、故郷のフールシャウト島に送り届けたが、島人が取引をしており、奴隷であったコアラを見逃してもらう代わりにタイガーがストロベリー少将(当時)の軍隊に銃撃されることとなった。
瀕死の重傷を負いながら、輸血をすれば助かったにも関わらず、人間の血液を自分の体内に入れないでほしいと訴えた。
人間がすべて悪いものばかりでないと分かっていながらも、人間の血を受け入れることはできないと拒絶し、その人生を終えた。
のちにこの出来事は魚人島の人々に、人間に輸血を拒まれたという「ゆがんだ情報」として伝えられているシーンが見受けられる。

※このページの情報は、実在の物事とは一切関係ありません。

関連情報:フィッシャー・タイガー