メニューを開く(+)閉じる(×)

ステータス

出身

不明

所属

白ひげ海賊団(船長)

※ルフィ17歳当時、マリンフォード頂上戦争にて戦死

懸賞金

不明

武器

大きな薙刀(なぎなた)

エピソード

世界最強の海賊

三日月のような形の白いひげをたくわえており、通常の人間より大きめの身体で、脅威の怪力を誇る。

マリンフォード頂上戦争当時は体調が悪化していたようで、医療チームによって点滴を受けていた。

仲間は「家族」

自らは率いる海賊団の隊長・船員たちを「息子」と呼び、彼らからは自身のことを「オヤジ」と呼ばせている。

「仲間殺し」をタブーとしており、ヤミヤミの実を入手するために4番隊隊長サッチを手にかけて逃亡した黒ひげ(マーシャル・D・ティーチ)に対して、シャンクスらには怒りの感情をあらわしていたが、実際に黒ひげを追いかけたエースの行動に正当性を持たせるためのものであることが伺える。

マリンフォードでの最期

マリンフォード頂上戦争で、エース救出のために獅子奮迅の活躍をした。

ところが、自身の最期が近いことを悟り、その身を犠牲にして、エース救出派の海賊たちを守った。

海軍大将・赤犬の攻撃にあい大ダメージを受け、最後には人数を増強した黒ひげ海賊団の襲撃を受けて、たったまま絶命した。

なお、死後に黒ひげによって、グラグラの実の能力を奪われたようである。

夢・野望

白ひげ海賊団結成前より「家族」に憧れていた

※このページの情報は、実在の物事とは一切関係ありません。

関連情報:エドワード・ニューゲート