メニューを開く(+)閉じる(×)

ステータス

出身

ドラム王国

武器

麻酔銃

特徴

髪型は十字のような形になっており、病院の十字マークがモチーフとなっていることが、コミックス内のSBSで明かされている。

エピソード

不治の病を患った「元・大泥棒」

もともと、別の国で大泥棒をやっていたが、不治の病を患い、ドラム王国に帰国。

その後、冬に咲く奇跡の桜を目の当たりにして、この奇跡を再現しようとして、雪を桜色に染める研究を開始した。

チョッパーの「名付け親」

麦わらの一味の船医トニートニー・チョッパーの名付け親。

「木でも倒せそうな立派な角を持ったトナカイ」という意味を込めて名づけた。

最期まで「医者」を貫く信念

ワポルの医者の追放政策にもとづいた策略にはまってしまい、兵士たちの構えるドラム城に現れる。

後任医師「イッシー20」が無事であると気づき安堵の言葉を吐き、チョッパーがとってきた毒キノコ「アミウダケ」のスープを飲んでいたが、そのスープでは死なないと、すべてを悟ってドラム城にて自害した。

夢・野望

ドラム王国に桜の花を咲かせること。

※このページの情報は、実在の物事とは一切関係ありません。

関連情報:Dr.ヒルルク