メニューを開く(+)閉じる(×)

目次

ステータス

拠点

ドレスローサ

所属・役職

王下七武海、裏社会の仲買人(ブローカー)、ドレスローザ国王
→ドレスローザでのルフィとの戦いに敗れ、失脚し、インペルダウンへ幽閉

年齢

39歳(ルフィ17歳時点)
→41歳(ルフィ19歳時点)

元・懸賞金

3億4000万ベリー
→王下七武海加入により消滅

特徴

赤いサングラス、ピンク色の羽毛のコート
なお、サングラスをとると、延々と下からサングラスが現れることが、コミックス第85巻SBSで明かされている。

好きな食べ物

ロブスター

嫌いな食べ物

バーベキュー

Portrait.Of.Pirates ワンピースシリーズNEO-DX ドンキホーテ・ドフラミンゴ

このキャラクターの目次へ

エピソード

両親の死と、父による天竜人の権力放棄

ドフラミンゴが8歳のとき(ルフィ生誕14年前)に母を失った。

ちょうど天竜人の権力を父のドンキホーテ・ホーミング聖が放棄した直後に体調を崩し、帰らぬ人となった。

この頃にはボロボロのソファの上で裸足のまま足を組んでタバコを吸っている描写がコミックス第63巻SBSで見られ、このときもサングラスをかけていた。

また、10歳で父を殺し、首をマリージョアに持っていくも、天竜人の地位に戻ることは認められず、脱走者として狙われることになったという。

それを機に、天竜人の牛耳る世界を破壊すると心に決め、人に見下されることを強く嫌う性格はこの頃から形成されていった。

なお第782話「悪のカリスマ」では、天竜人に追われる身となった10歳の頃に、トレーボルから洋梨型のイトイトの実を受け取っている描写があった。

天竜人との関係と王下七武海

天竜他人に追われる身となってから、仕向けられた海賊達を返り討ちにしてきた。

やがて、ドフラミンゴを仕留められないと悟った天竜人達はドフラミンゴに協力的な態度をとるようになった。

また、海賊としてリク王の耳にも届くほど活躍し始めたころ、天竜人への貢ぎ金「天上金」を乗せた船を襲撃して、それをネタに世界政府を脅すことで王下七武海に加入したという。

さらには、天竜人の住むマリージョアに、世界を揺るがすほどの「重大な国宝」があることを知っている。

リク王体制の排除とドレスローザ国王就任

ルフィ9歳時点で、突如ドレスローザに現れ、リク王を操ってドレスローザのセビオの街を襲わせた。

リク王の行動に驚く国民たちを前に、富を与えると高らかに宣言して大きな支持を得て、ドレスローザの新たな国王の座に就いた。

また、特別幹部シュガーのホビホビの実の能力で一部の国民をおもちゃに変えて、周囲の記憶から消してしまうとともに、おもちゃ達の外出や行動を制限した。

人身売買の「黒幕」

ルフィ17歳時点では、王下七武海の地位に就きながら、世界中でタブーとされている「人間屋(ヒューマンショップ)」をシャボンディ諸島で経営していた。

ところが、ルフィが天竜人のチャルロス聖を殴ったことでシャボンディ諸島に混乱が起こると、経営をディスコに任せて「時代はスマイル」という趣旨のコメントを残して「人間屋(ヒューマンショップ)」から身を引いた。

裏社会の「仲買人(ブローカー)」

「ジョーカー」の異名を持ち、裏社会の仲買人(ブローカー)として君臨している。

シーザー・クラウンからは、七武海の中で最も危険な男として目されている。

四皇カイドウとの「取り引き」

「スマイル」と呼ばれる人工の動物(ゾオン)系悪魔の実を製造し、能力者の軍隊を率いる「百獣のカイドウ」と取り引きをしている。

「麦わらのルフィ」暗殺指令

コリーダコロシアムの戦いの終了までにルフィを暗殺するよう、ディアマンテを介してベラミーに指令を出した。

この際、ドフラミンゴは、暗殺に成功したらベラミーをドンキホーテファミリーの幹部にすることを条件として提示していた。

錦えもん&モモの助を追う理由

麦わらの一味らと対峙した際に、世界をブチ壊すことを目的にしていると明かした。

また、錦えもんやモモの助を捕らえようとしていた目的が、世界の秘密を聞き出すためだったことが錦えもんから明かされた。

ワンピース DXF~THE GRANDLINE MEN~vol.23 ドフラミンゴ 単品

このキャラクターの目次へ

※このページの情報は、実在の物事とは一切関係ありません。

関連情報:ドンキホーテ・ドフラミンゴ