メニューを開く(+)閉じる(×)

ステータス

出身

魚人島(魚人街)

所属・役職

アーロン一味(船長)

懸賞金

2000万ベリー

武器

キリバチ

特徴

ノコギリザメの魚人
ギザギザの鼻、するどい歯

エピソード

人間に対する敵対心・同胞に対する愛情

人間を「下等種族」と切り捨てる一方で、アーロン一味の魚人の仲間を「同胞」と呼び、大切にしている。
同胞を傷つける相手に対して感情をあらわにするなど、子分思いの一面もある。

当時の「東の海最高金額」

ルフィが賞金首になるまでは、東の海(イースト・ブルー)で最高金額の賞金首だった。
個人の実力では首領(ドン)クリークをしのぐといわれ、東の海で最も恐れられていた存在だったことがうかがえる。

魚人街の「暴れん坊」

魚人街の魚人たちの中でも特に気性が荒かった。
タイヨウの海賊団には旗揚げ時から加わっており、タイガー、ジンベエとともに海賊団の主力に君臨していた。
幼い頃のホーディたちに人間に対する敵対心を植え付けた存在でもあり、人間に対する過剰な攻撃については、タイガーからも制止を受けるほどだった。

投獄から開放まで

タイガーの死後、人間への復讐のため上陸した島で当時の中将黄猿(ボルサリーノ)に捉えられ、インペルダウンに投獄された。
1年ほどして、ジンベエの王下七武海加入と引き換えに開放され、ジンベエたちと「たもと」を分かち、アーロン一味として東の海(イースト・ブルー)のココヤシ村を支配していた。
ナミの育ての親・ベルメールを撃った張本人であり、ナミの製図の能力を見出し、自身の一味の測量士として半ば強制的にアーロンパークに連れて行った。

※このページの情報は、実在の物事とは一切関係ありません。

関連情報:アーロン