メニューを開く(+)閉じる(×)

■ジャガーのミンクである

■侠客団(ガーディアンズ)の一員である

■ルフィを一時的に取り囲んでいたが、ワンダが許しを請うたことに免じて仲間たちに撤退を指示した

■ジャックの一味が去ったあと、イヌアラシとネコマムシの手当をサンジ達に請うた

イヌアラシとネコマムシが昔大親友であった頃を知らず、長旅を終えてゾウに帰ってきたとき既に抗争状態だったという様子を目撃している。

ワンダ曰わく、その時はまだ子供だった。

ルフィたちとともにサンジ奪還のためホールケーキアイランドへ向かった。

途中、上陸した万国(トットランド)では、オオカミのミンク族から「キャプテン」と声を掛けられている。

■ペコムズと一緒に海賊をしていた

■ペドロ自身いわく、ネコマムシの役に立とうとポーネグリフを探すために探検家として海へ出たつもりが、懸賞金をかけられてしまったのだという

■ルフィに、ビッグマムの持つロード・ポーネグリフを奪うことを提案した

■ルフィ14歳時点に、相棒のミンク族「ゼポ」を伴ってホールケーキアイランドにポーネグリフを奪いに潜入したことがある。

■タマゴ男爵いわく、ペコムズのおかげで命拾いしている

■元ノックス海賊団の船長(キャプテン)

■懸賞金3億8200万ベリー

■ルフィ14歳時点でビッグマムの縄張りに侵入したときに、ビッグマムから50年の寿命を奪われている

■ゼポが100年の寿命を奪われることになった際に、本人だけでは70年足りず、ペドロ自身の左目を差し出すことで10年減らしてもらった

※このページの情報は、実在の物事とは一切関係ありません。

関連情報:ペドロ