メニューを開く(+)閉じる(×)

黒炭オロチ、ついに登場〜( ̄▽ ̄)!!!

どうですか?

皆さん、オロチ将軍の顔見てどう思いましたか??

まだ見ていない方は本屋さんやコンビニエンスストアなどでジャンプをゲットしてみてください。

(そうこうしているうちに、火祭りまであと1週間ほどになったようですよ…。)


この記事の目次

【1】錦えもんに心当たりアリ!カイドウの屋敷図を持っているのは誰!?

大工の港友(みなとも)にフランキーが潜入していた大目的「カイドウの屋敷図ゲット」は今のところ失敗…。

10年ほど前に質に入れて、そこから伝っていくものの、第929話の限りでは誰が持っているか判明しませんでした。

八方塞がりになるフランキーですが、なんと20年のブランクを持つ錦えもんに「心当たり」があるようです。

ってことは、最近になってワノ国に出入りする脇役キャラがかっさらったということじゃないんですよね、錦えもんの見立てでは。

もうちょっと具体的に述べるならば…、

赤鞘九人男(あかざやくにんおとこ)の誰か!?

なのかな。

キャラ名鑑:赤鞘九人男

この記事の目次へ

【2】おこぼれ町じゃなくて「えびす町」が正式名称!?

「おこぼれ町」って正式名称じゃなかったんかいっ!!!

…まぁでも、よく考えてみたらそうなのか…。

「おこぼれ」っていうフレーズ自体が、すでに「何かのサブ的な位置付け」を思わせますよね。

街の名称としては、ちょっとズレた感じというか何というか。

で、えびす町と判明したなら、ちょっとだけ考えてみましょうか。

なんで「えびす町」っていう名前なの!?

筆者はちょっとだけ調べてみました。

「えびす」と聞いてまず思い浮かべたのが東京の「恵比寿」だったんですが、それは一説によれば「あのアルコール飲料」に由来するのだそうです。

※お酒は二十歳になってから。

さて、次に「蛭子」や「夷」も調べてみました、すると…、

「夷」って「異民族」っていう意味もある…、らしいよ?

細かいことは専門の方が色々な場面で解説されているかと思いますが、そう考えてみると、何かつながってくるような気がしませんか?

「えびす(夷)」が「異民族」だとして。

例えば花の都など「オロチ支持」の人々からすれば「異民族」にあたる人たち。

そういう人々が都から離れるようにしてやってきた場所に築いた街が「えびす町」であると。

それで「えびす町」を作り上げた人々のことを、半ば「やゆ」するような形で食べ物の「おこぼれ」に例えて、えびす町を「おこぼれ町」と呼んだ。

そう考えてみるのはどうでしょうか??

キャラ名鑑:ワノ国

この記事の目次へ

【3】ワノ国将軍・黒炭オロチの姿

んんんオロチってこんな姿やったんかいっ( ̄▽ ̄)ノ!!!

筆者は過去に、

「ワノ国編でゾロとマッチアップするのって”将軍”じゃない!?」

っていう考察記事を書いたことがあるんですよ、オロチの名前が出るずっと前に。

要するに、

「スリラーバークでゾロは”ワノ国の伝説の侍”を倒したよね?じゃあ、いざワノ国に行ってネームバリューでそれに敵う相手ってもう”将軍”だけじゃないかなぁ??」

っていう内容です。

そして、第928話ではオロチのシルエットが明かされたんですよ。

案の定というべきか、ヤマタノオロチをイメージさせるシルエットでしたよね?

つ、強そう…、と思った矢先の黒炭オロチ将軍登場ですよ!

おっさん大丈夫か!!?

……、すみません、つい本音が出てしまいました(^^;)

キャラ名鑑:黒炭オロチ

この記事の目次へ

【4】CP0がワノ国上陸!黒炭オロチとの取引

戦闘面では「未知数」なオロチですが、頭はなかなか切れるようす。

CP0を屋敷にあげて、直接取引とはなかなかの度胸です。

(言われてみればCP0のこの仮面の人物、第907話「虚の玉座」のルッチたち再登場のシーンの取り巻きにいませんでしたね。)

しかもカードの切り方も巧妙なようで、安易にCP0に主導権を渡さないようすがみて取れます。

「戦艦」は、とりあえず置いておきましょうか。

黒炭オロチがそもそも「Dr.ベガパンク」を知っていることに対して筆者は興味を持ったんですが、皆さんはいかがでしょうか??

つまり、オロチは「井の中の蛙(かわず)」の将軍じゃなかったんですよ。

ワノ国の外の世界も知っている、そのうえで鎖国をしている。

そういう立ち位置の将軍だと考えられます。

あともう一つ、CP0側の今後の行動で気になる点があるんです。

オロチとの交渉がどんなものに終わるかは別として、CP0の面々はいずれ、マリージョア方面へ向けて帰る(すくなくとも、帰ろうとする)ことが予想されます。

CP0はオロチとの交渉終了後、ほか何もせず帰るんですかね…( ̄▽ ̄)

筆者は「少なくとももう一つの仕事」をして帰ると思うんです。

第929話までの描写では「それ」をしやすい状況は出来上がっていると思うんですよね〜。

キャラ名鑑:CP0

この記事の目次へ

【5】真打の中でも別格!?飛六胞(とびろっぽう)の一人にドレークがいた!

ドレークの再登場は、あんまり驚きませんよ?

カイドウの傘下に入ったって、飛徹も言ってましたからね。

ドレークは真打ちの中でも別格な「飛六胞(とびろっぽう)」なんですって。

しかも、

しれっと登場したページワンって誰よこれ…。

ドレークがアロサウロスで、ページワンがスピノサウルスだそうですね、ともにリュウリュウの実か。

ホーキンスは「飛六胞」じゃないのかな??

えーと、今のところ、カイドウやオロチを除いて考えるなら、敵組織内の力関係は、

大看板>飛六胞>真打ち>ギフターズなどなど

ってことなのかな。

キャラ名鑑:X・ドレーク

この記事の目次へ

CP0も上陸していたとはねぇ…( ̄▽ ̄)

第929話を読んで、気になったポイントは改めて考察記事として書きたいと思います。

(年も明けたし、少しは時間が取れる…、はず??)

【バックナンバー】
週刊少年ジャンプ

このページの感想を送る

こちらのボタンを押すと、管理人に感想を伝えるフォームに移動します。
メールアドレスの入力は不要です、お気軽に感想をお寄せください。

記事感想フォームへ

こちらのアンケートからも投票できます!

この記事の分類

Twitterをフォローして更新情報をゲット(^o^)!