メニューを開く(+)閉じる(×)

悪魔の実の能力者が、海楼石で弱くなると思ったら大間違いだ( ̄▽ ̄)!

ただしルフィとキッドに限る。

今回は「情報回」っていうほど新事実が判明したとか、そういうんじゃないと思うんです。

少なくとも前回に比べれば。

ただ、ワノ国編のピークに向かって、徐々に「役者」は揃いつつあるように思うんですよね。

敵も同士も。

この記事の目次

【1】ウソップの役目と「ガマの油売り」の意味

ワノ国編に入って、ホールケーキアイランドに行かなかったメンバーは先行して、ワノ国でそれぞれの役割をこなしていたでしょ?

フランキーは大工。

ロビンが芸者。

で、ウソップが「ガマの油売り」ですよ。

ウソップだけ目的何やねん( ̄▽ ̄)!

思いませんか?

ロビンの芸者はわかりやすい、オロチの屋敷に潜入するため。

フランキーの大工というのも、建物の設計図を手に入れたり、建物自体の構造を把握するためには重宝できるポジションです。

でも、ウソップだけ分からんのです。

ワノ国の人々を言葉巧みに乗せたところで、仲間のように従えるわけでないので、どうなる訳でもなし。

売るものだって「ガマの油」ですもんね。

でも!!!

筆者は今回の描写を見て、可能性ていどに考えてみたんです。

ガマの油売りで商売しているのは「怪しい人ではない」と町の人々に思わせて、町のあちこちを歩きまわり易くするため!?

それによってモモの助側の侍たちを探し易くする効果がある!?

ってことですかね。

知らんけど( ̄▽ ̄)

この記事の目次へ

【2】ルフィとキッドの対比!キッドも只者ではなかった!?

今回気になったのは、もう1つ。

ルフィとキッドが完全に「対比」の関係になっていますよね?

今まで、ルフィと戦闘する以外の描写のため以外の目的で、ルフィと対比関係になったキャラクターは、あまり多くありません。

いずれ戦闘になるのかなぁという読者の予想も多い中、第926話までの時点で「戦闘という戦闘になっていない」のが、黒ひげ。

結局、ルフィとの対比は「キッドも、ルフィといずれ戦闘するから」なのでしょうか。

その可能性もゼロではないでしょう。

でも、筆者はここで、別の可能性も考えてみたいんです。

キッドの「ルフィと似て非なる性質」みたいなものを印象付けることで、キッドのキャラクターを際だたせようとしているのでは!?

初登場時の懸賞金では、ルフィを上回っていたキッド。

彼のキャラが際立ったところで、ストーリー上どうなるのか。

ワノ国でルフィと共闘するのかもしれません。

あるいは、ワノ国を出たところでキッドが注目されるイベントが発生するのか。

それに関しては、しばらく様子を見てみたいと思うんです。

ただ、キッドに関して筆者は、近いうちに1つ考察記事を書きたいんです。

キッドはルフィ以外にも「彼」に似せているんじゃないかと。

書く時間あるかな、うずうず…。

この記事の目次へ

【バックナンバー】
週刊少年ジャンプ

このページの感想を送る

こちらのボタンを押すと、管理人に感想を伝えるフォームに移動します。
メールアドレスの入力は不要です、お気軽に感想をお寄せください。

記事感想フォームへ

こちらのアンケートからも投票できます!

この記事の分類

Twitterをフォローして更新情報をゲット(^o^)!