メニューを開く(+)閉じる(×)

ワンピース第889話の扉絵シリーズ「押し掛け麦わら大船団物語」は、レオ率いるトンタッタ族の皆さんれす。

どうも海賊を始めたようで、シンボルはドクロの頭が「栗」のよう。

ということはノーランドに対するリスペクトもあるんでしょうね( ̄▽ ̄)

トンタッタ族の各キャラクターは、麦わらの一味にもちょいちょい似せてきているので、そこもポイントでしょうか。

さて、本編で今回注目するのはもはや「未知の怪物」と化したビッグマムです。

ビッグマムの食い煩いが長時間放置された状態を子供たちは見たことがない!?

第889話で、8時間も癇癪の続いたビッグマムを見たことがないと言っていました。

もう、ここから先は未知の怪物だと。

逆を言えば、じゃあ8時間未満の癇癪だったら経験済みで、早ければその日のうちか、遅くとも翌朝には収まっていたと考えられます。

8時間を超える癇癪など見たことがない、それを長男のペロスペローが言っているのがポイントでしょうか。

ビッグマムの子供の中で、ペロスペローより先に生まれている可能性があるとしても、長女のコンポートだけのはず。

大抵の子供にとっては、

「ペロス兄でさえ見たことがないなら、自分だって…」

という状況でしょう。

じゃあ、長女コンポートはビッグマムの長時間の癇癪を見たことがないのでしょうか?

あるいは、この人!

シュトロイゼン!!

玉手箱爆発&ホールケーキ城陥落をきっかけに「数日間は戦闘不能」と言われた総料理長シュトロイゼンは、ビッグマムが長時間荒れた姿を見たことがないのでしょうか?

前回からの、ビッグマムが痩せていく姿。

それは、コミックスのSBSで描かれた「あの姿」や、ビッグマムの回想シーンで描かれた青年期の「あの姿」にも近いようにも見えます。

「何も食べない」ことで、ビッグマムは痩せたのか。

いや、何かしらは食べているんですよね?

ナッツ島のお城とか。

じゃあ…、

「欲しい食べ物」を食べていないから、痩せていっている

と考えるのが良いのでしょうか。

ビッグマムが痩せていくこの現象。

いずれにしても、8時間ほどで目に見える体型の変化が訪れるというのは、我々の住む現実世界ではなかなか考えられない事態です。

ちょっとこの辺は、続きを待ちつつ、過去のストーリーを見ながら考えてみたいところです(^-^)

この記事の目次へ

今日の順位は何位かな?

当サイトでは、人気ブログランキングに参加しています。この記事が「面白かった」または「面白くなかった」と感じていただけましたら、こちらのボタンを押してください。

今日の順位を見てみる

この記事の分類

このページの感想を送る

こちらのボタンを押すと、管理人に感想を伝えるフォームに移動します。
メールアドレスの入力は不要です、お気軽に感想をお寄せください。

記事感想フォームへ

Twitterをフォローして更新情報をゲット(^o^)!