メニューを開く(+)閉じる(×)

さぁ、第888話「獅子」では新展開もいくつかありますね!

扉絵も気になりますが、まずはコレでしょう( ・∇・)

獅子!

キャロットが変身したミンク族の「奥の手」スーロン

目が赤く髪が白くなった「月の獅子(スーロン)」状態のキャロット

今回、スーロン状態になって髪の毛が白く、目が真っ赤になったというキャロット。

コミックス第82巻の表紙を見る限りは、キャロットは金髪というか、黄色っぽい髪なんですよね〜。

そして瞳は黒でした。

スーロン状態のキャロットでも、ノーマル状態と同じように喋れたりするんでしょうか??

行動は自分でコントロールできている模様

スーロン状態のキャロットは、身体能力が一段と向上したとみられる描写がありました。

(もっとも、向上させるために変身したのでしょうね、きっと。)

ノーマル状態のキャロットでは、敵船の舵輪を壊して行動不能になどできなかったはずです。

ここでの注目ポイントは「思考」と「行動」の制御です。

比較としてチョッパーのモンスター状態と比べてみると、アレはストーリー内に初めて登場したときは、チョッパー自身で制御できないものでした。

でも、今回登場したキャロットのスーロン状態というのは、敵船の舵輪を破壊するという「思考」のスマートさ、冷静さを保っていると考えられます。

また、敵味方関係なく攻撃するのではなく、この状況での「敵」、つまりビッグマム海賊団のみを標的と定めているようで「行動」も制御できているのです。

ミンク族と、動物系悪魔の実の能力者。

見た目は似ていても、少し違うのかもしれません。

このあたりも後日考えてみたいところです。

「獅子」というキーワードでクマドリと重ねてきている!?

でね。

今回のストーリーをもとにして、「獅子」でつながりそうなストーリーを引っ張ってきたいんです。

ホールケーキアイランド編は、回想シーンも含めて、エニエス・ロビー編とよく似たキーワードがいくつか登場しています。

例えば、サンジを客船オービット号へと走らせるまでのレイジュの言葉が、エニエス・ロビー編でロビンをオハラから脱出させようとしたサウロの言葉にも重なります。

ほかにも、サイファーポールの登場や、巨人族にまつわるエピソードの登場、ルフィと戦闘で向き合う相手が敵のボスでない最強の戦闘員(ルッチとカタクリのこと)だったり、キーワードやちょっとした状況で似たような要素があります。

だとすると、この「獅子」というキーワード。

これをエニエス・ロビー編で、チョッパーとの戦闘シーンでやたら使っていた元CP9のクマドリを思い起こさせるようなシーンも、ホールケーキアイランド編の残りのシーンで描かれたりするでしょうか??

ここは、別の機会に重ねてみたいと思います。

今日の順位は何位かな?

当サイトでは、人気ブログランキングに参加しています。この記事が「面白かった」または「面白くなかった」と感じていただけましたら、こちらのボタンを押してください。

今日の順位を見てみる

この記事の分類

このページの感想を送る

こちらのボタンを押すと、管理人に感想を伝えるフォームに移動します。
メールアドレスの入力は不要です、お気軽に感想をお寄せください。

記事感想フォームへ

Twitterをフォローして更新情報をゲット(^o^)!