メニューを開く(+)閉じる(×)

今回の扉絵連載シリーズ「押し掛け麦わら大船団物語」はイデオ&ブルーギリー編のスタートです。

あ、アブドーラ&ジェットもいましたっけ( ̄▽ ̄)

オオロンブスに船をもらって航海していたところ、なにやら事件めいた出来事に出くわしたようです。

これもレヴェリー(世界会議)やワノ国のストーリーに関わってくるのでしょうか??

さて、本編はタマゴ男爵もといニワトリ伯爵が久しぶりに語っています!

【1】ルフィが覚醒するかもしれないのは分かるけど、覚醒したところでどうやってカタクリに勝つのさ( ̄▽ ̄)

読者の皆さんが、それぞれの考察サイトやTwitterなどで、

「ルフィのゴムゴムの実の覚醒来るんじゃね!?」

みたいな感じで予想されていますね( ^∀^)

それは、第882話のカタクリの「モチモチの実の覚醒」で、より可能性は強まったと思います。

「敵が覚醒しているなら、こっちも覚醒しなきゃ」

みたいなね(^^;)

でも!!

ルフィのゴムゴムの実の能力が覚醒したところで、カタクリに勝てる理由が見当たらない!!

コレです。

これまでのルフィとカタクリの戦闘を見ても、スピードや技でカタクリに対して劣勢を強いられているんです。

ゴムゴムのガトリングは二本の腕を繰り出す連続パンチですが、カタクリはそれを無数の腕で再現できます。

これまでの(超人系能力者の)覚醒を見る限りでは、仮にゴムゴムの実の能力の覚醒が起こるなら、ルフィの周囲のものがゴムに変化するという現象が起こるでしょう。

…勝てる?それで

周囲がゴムに変化したところで、せいぜい「ゴムに変化したもの」が伸びたり、弾んだりするだけだったら、覚醒を迎える時間的コストが「ムダ」だと思うんです。

少なくともカタクリ戦の、窮地に置かれている状況ではね。

覚醒するなら、するでいいんです。

でも、あの状況なら「覚醒して、さらに勝つこと」が条件なんです。

覚醒だけしてカタクリに勝つなら、相当な「個としての突破力」が必要でしょう。

それができないなら、覚醒プラス「カタクリの弱点を突く手段」も必要なのだと思います。

結婚式の前にジンベエが、カタクリの弱点は「水」って言っていましたよね?

そこを突くことしないと、覚醒してもカタクリには勝てないんじゃないかなぁ〜( ^∀^)

この記事の目次へ

【2】タマゴ男爵が危惧しはじめた「偶然の事故」の主犯・麦わらのルフィ

ホールケーキアイランド編に入って、ブルックやペドロだけでなく、タマゴ男爵までもルフィについて意味深な見方をしています。

もしかして麦わらの一味の侵入も「ただの事故」で片付けられない問題になるのかもしれませんよね…。

それは、ビッグマムに一矢報いたり、カタクリに大ダメージを与える場合はもちろんとして、第882話のまま逃げだせたとしても同じことでしょう。

気になるのは、サニー号がナワバリウミウシの監視に引っかからないことですが、これはジンベエの奇跡の操舵技術によるものなのか、それとも例の「男の人魚」とやらの仕業なのか…。

タマゴ男爵はもっと戦力を携えて追っかけよう的な言い方なのですが、もしもビッグマムの顔に泥を塗らないようにとするなら、ナワバリ関係なしに追いかけて行くほうが自然とも感じます。

また、ナワバリの境い目あたりまで麦わらの一味の追っ手を出したとして、そこでどんな展開になるかも気になりますね。

麦わらの一味が逃げ切れたとして、カイドウらとぶつかるまでビッグマムが黙っていてくれそうにも思えません。

筆者の予想にすぎませんが、麦わらの一味がビッグマムのナワバリから逃げ切れた後、もしかしたらビッグマムやその一味は「他のこと」にかかりきりになるのではないでしょうか??

例えば、別の強大な敵がやってくるとかね。

黒ひげ海賊団とか。

あるいはウィーブルとか(^^)

この記事の目次へ

ほか、結婚式会場でビッグマムの一味をボコにしてしまったヴィンスモーク兄弟がどこへいくのかだとか、そういうことも気になりますが、それは次回を楽しみに待とうと思います。

ジャッジが見当たりません、どこにいったのでしょうね( ^∀^)

この記事の分類

このページの感想を送る

こちらのボタンを押すと、管理人に感想を伝えるフォームに移動します。メールアドレスの入力は不要です、お気軽に感想をお寄せください。

記事感想フォームへ

Twitterをフォローして更新情報をゲット(^o^)!

▲先頭へ