メニューを開く(+)閉じる(×)

今回の押し掛け麦わら大船団物語。

なーんとバルトロメオたちが麦わらの一味&ルフィ先輩グッズをばらまいていた島に、何やら見覚えのある海賊旗が「堂々と」立っていますね…(笑)

この島、シャンクスのナワバリでしょうか???

今まで「四皇 ナワバリ」でストーリー内を検索しても、シャンクスだけナワバリ云々の描写がほとんど無いに等しい状態だったんですよね(^^;)

ビッグマムは魚人島からお菓子を巻き上げたりだとか、カイドウもナワバリの島でドレークがどうのこうのだとか、黒ひげに関しては白ひげのナワバリを2年弱ほどで全部書き換えたとか。

シャンクスがナワバリを持つとしたら、その意図・目的はなんでしょうね…?

なんにしてもバルトロメオは、ルフィ先輩の恩人の島に来たわけです!!

よほどの下手をしない限り、シャンクスが敵になることはないハズ!

シャンクスは例の結婚式から、まだ帰っていないのでしょうかね?

この辺、どうなるでしょう??

さて、本編行きま〜す( ^∀^)

【1】今回のタイトル「八方塞菓子」について

今回のタイトル「八方塞菓子」ですって…!(◎_◎;)

行く道をみんな阻まれた「八方塞がり」が元ネタ(?)でしょうが、上手いこと言うもんです。

つまり「八方」を「菓子」に関する事情で塞がれているって言うことかな??

ビッグマムの相手をすればウエディングケーキが食べたい、となる。

逃げるにしてもトットランドを出るにはカポネいわく1日かかるんでしたっけ。

そうなれば、お菓子の罠に阻まれて…、いや、どうでしょう(^^;)

【2】タマゴ男爵はペコムズと縁を切ったわけではなかった!?

シャーロット・コンポート、さすがビッグマムの長女だけあってか、シャーロット家の中でいちばんビッグマムに似ているように見えるのは私だけでしょうか??

……っていうのは置いておくとして、ビッグマムの子供達はホールケーキ城の崩壊後、ひとまず状況を確認です。

とはいえ、カポネが実はビッグマム暗殺を企てていただとか、ホールケーキ城の通路の一部がふさがっていただとか、基本的に読者視点では「すでに読んだ内容」だったり「やっぱりね的な内容」だったりします。

……あれ!?

ペコムズが、あっさりビッグマム海賊団の中に戻っています!!

タマゴ男爵は「私情に囚われたのは良くなかった」みたいにしてカポネの考え方を支持していましたが、だからと言ってペコムズとのコンビを解消したわけではなかったようですね(^^;)

【3】カタクリ&ブリュレ、麦わらの一味を追っかけるってよ

カタクリ&ブリュレは、麦わらの一味を追いかけます。

カタクリはルフィの今後を危険視して、ブリュレは散々こき使われたリベンジに、といった感じかな(^^)

カタクリの口元が、いまだ隠れたままなのは気になりますね。

ん〜、ここはしばらく様子を見るしかないのかな…。

【4】オペラ、何やってるの!?

ビッグマムの食いわずらいで、なんとオペラが犠牲になりました!!

いや、そもそもオペラ、まだホールケーキ城で何していたんでしょう!?

麦わらの一味を捕らえたとかいってバレバレ嘘をついたのだから、モンドールたちから狙われてしまうのは予想がついていたはず。

オペラはなぜ、ホールケーキアイランドの外へ逃げなかったのでしょう??

理由があるとすれば、1つかな…?

「逃げたいけれど、逃げられなかった!!」

そこにどんな事情があったかは、まだわかりませんけどね(^^;)

【5】ローラのビブルカードを、ナミは2枚にちぎっていた!これはローラとの再会フラグを残しているか!?

…もう見出しだけで言い切ったようなものなのですが、ナミはとっさの判断でローラのビブルカードを2枚にちぎっていたようなんです(^^;)

そうすると、ホールケーキアイランドをこのまま出て、ローラとは別の場所で再会する可能性もあるでしょうか。

逆に、ビブルカードを持っていることをわざわざ示している以上、ホールケーキアイランド編ではもうローラが登場してこない可能性もありそうです。

【6】ビッグマムが気にいるウエディングケーキをプリンと一緒に作るのに最適な人物

シュトロイゼン…。

着地に失敗して、いかにもな感じのわかり易い「戦線離脱」ですかそうですか…(T_T)

数日このままということは、麦わらの一味がホールケーキアイランドから逃げ切るまでは、大きな動きをしてこない可能性がありそうです。

つまり、シュトロイゼンのククククの実の能力でウエディングケーキを作り出すことは不可能と考えてよいでしょう。

しかも今回はウエディングケーキにもビッグマムは「質」を求めています。

シュトロイゼンの作るものは腹にたまるけど上手くないんだよね、ってワガママを言っていました。

だとすると、ジンベエが取り繕って持って来た「クロカンブッシュ」の時のような「作業的なお菓子作り」ではビッグマムの癇癪は治らないようですね。

ペロスペローはウエディングケーキに「予備がある」なんて大見得を切っていましたが、あてのない大風呂敷は広げるものではありません(^^;)

プリンはチョコレートを、シフォンはシフォンケーキを用意して、今回のウエディングケーキに選ばれた「チョコレートシフォンケーキ」を作ると言っていますが、シフォンはすでに敵…。

プリンの作戦でショコラタウンにビッグマムを誘導できたとしても、本当に呼びに存在する幻の食材を使ってウエディングケーキを用意できるのでしょうか…。

逃げる麦わらの一味の目前にまで迫ったビッグマム…。

彼女を納得させるケーキを作るには、何か「ピース」が足りない気がします。

材料は一応ある。

不安材料があるとしたら、専門家の作るクオリティのシフォンケーキくらいです。

「作業」ではムリ。

「料理」してビッグマムに気に入るウエディングケーキを作らなければ。

シャーロット・プリンとね(^^)

……。

…………。

………………。

……………………。

的確な人材が一人、いますよね?

プリンとの「共同作業」はあるのでしょうか!?

次週休載、少し考えてみようと思います(⌒▽⌒)

今日の順位は何位かな?

当サイトでは、人気ブログランキングに参加しています。この記事が「面白かった」または「面白くなかった」と感じていただけましたら、こちらのボタンを押してください。

今日の順位を見てみる

この記事の分類

このページの感想を送る

こちらのボタンを押すと、管理人に感想を伝えるフォームに移動します。
メールアドレスの入力は不要です、お気軽に感想をお寄せください。

記事感想フォームへ

Twitterをフォローして更新情報をゲット(^o^)!