メニューを開く(+)閉じる(×)

エースとドラゴン

インペルダウンの牢獄に閉じ込められているエースと、祖父でもあるガープ中将とのやりとり。
どうもガープとエースは血のつながった祖父と孫みたいだ。
ガープ、ドラゴン、そしてエースの弟のルフィが「モンキー」の姓を名乗るのに対して、エースが名乗っている「ポートガス」は、母親の姓のようだ。
ということは、ルフィとエースは異母兄弟か。
そして、自分を拾ってくれた白ひげのことをエースは、
「おれの親父は白ひげ一人だ」
と、自らの命の危機と隣り合わせになってもなお、自分を拾ってくれた白ひげのことを誇っていた。

インペルダウン近海

インペルダウンの近海にも厳戒態勢が敷かれているようで、バスターコールよりも多くの戦力が集まっていた。
一方、少し離れたところでは、見覚えのある海賊旗が。
なんと、アルビダとバギー海賊団だ!
でも、肝心のバギーはなんとインペルダウンに幽閉されてしまったとのこと。
いったい、何があったんだ??

インペルダウン内部にて

大監獄インペルダウンの中はまさに「地獄」だった。
新入りは食事をすべてボスに差し出すのがルール。
でも、新入りを締め上げて食事を手に入れたボスキャラでさえ、インペルダウンの監獄を守る「牛」のような門番にひどい目に合わされていた。
そんな監獄の中へ、ルフィはハンコックの服の中に隠れて忍び込んでいった。
でも、モモンガ中将によると、王下七武海であっても、インペルダウン入りは特例。
しかも、囚人に会うには海楼石の錠をされ、厳重なボディチェックを受けなければならないようだ。
ここをルフィは、どう乗り切る??
たぶん、「正面突破」だろうけど。。。
そうしている間に、バギーが収監されていた牢獄が開いて、バギーが脱走!?
どうやら、何者かの力を使ったようだ。
そうこうしている間にも、着々と時間は過ぎていく。
エースの公開処刑まで、あと33時間。。。

この記事の分類

この記事にアクションを起こしてみよう(^o^)!

このページの感想をどうぞ(フォーム形式)

こちらのボタンを押すとフォームに移動します。
メールアドレスの入力は不要です、お気軽に感想をお寄せください。

記事感想フォームへ

気に入ったらSNSでシェアしてください!

Twitterをフォローして更新情報をゲット!

Facebookページに「いいね!」

▲先頭へ