メニューを開く(+)閉じる(×)

いつも読んでいただき、ありがとうございます(*^▽^*)

ワンピース第838話を読んで、筆者が気になったポイントをまとめました。

この記事の目次

謎1:誰と誰の結婚式!?

謎2:大逆転の作戦が動き出す!?

謎3:ビッグマムはルフィを試している!?

謎4:サンジがおびえる相手

謎1:誰と誰の結婚式!?

まずは扉絵の「世界の甲板から~5億の男編~」からいきます(^^)

今回で最終回、色々な人の近況が見られてよかったですが、今回登場するのは赤髪海賊団のシャンクス、ベン・ベックマン、ロックスターの3人。

ひとまず、この3人までは確認できました。

で、赤髪海賊団の面々は荒廃した島での結婚式の場にいるようです。

この結婚式は…、誰と誰の結婚式なのかな??

ちなみに、ラッキー・ルウがいないのは気のせいですかね??

この記事の目次へ

謎2:大逆転の作戦が動き出す!?

次はルフィVSクラッカーの戦闘シーン。

近くにはナミがいて、誘惑の森の擬人化したものたちを脅しています(笑)

描写からして、ルフィの武装色の覇気ではまだクラッカーを上回れていないのかな??

まだまだルフィ自身、戦闘の中での成長も必要ということなのでしょうか(^^)

そんなクラッカーですが、何と今まで見せていた姿は「鎧(ヨロイ)」だというのですΣ(゚Д゚)!!

前回から今回までに血を吐いたように見せたアレは「ジャム」!!

クラッカーはビスビスの実のビスケット人間

例の童謡のように、無限にビスケットを増やすことができる能力のようです。

ルフィとクラッカーのこの戦闘に大きくかかわってきそうなのが、影で動く2つの部隊です(^^)v

1つ目は、ブリュレのミラミラの実の能力で作られた世界、鏡の中の世界(ミロワールド)がホールケーキアイランド内の「鏡」にも通じていると見抜いたチョッパーとキャロット。

そして2つ目は、先駆けて潜水艇で動き、ビスケットの兵士がビッグマムの能力で動いていると見切ったブルック&ペドロのコンビです。

この2組がどう絡んでくるかも見ものですね(@_@)

チョッパーとルフィがなにやら「申し合わせ」のようなことをしていた描写があったので、ルフィの戦闘にチョッパー&キャロット組が関わっていそうなのは予想がつきます。

ただ、ブルック&ペドロ組は、ルフィ達が誘惑の森に上陸するより早く分かれています。

彼らがどう絡んでくるのか、ルフィの戦闘を(無事に)終わらせて、サンジも奪還できるシナリオは描けているのかな(^^)??

ここはもう少し展開を見守りたいと思います!

この記事の目次へ

謎3:ビッグマムはルフィを試している!?

今回のストーリーの中で、ビッグマムはこんなセリフを残しているんです。

「威勢だけか…?あいつらも……」
(第838話「チョニキ」より)

あいつら「も」です、あいつら「は」じゃないんですね。

そこがホントに気になるんです。

サンジがゾウからいなくなったころから今までのストーリーで、筆者の中で少し揺らいでいた事でもあったんですけどね(^^;)

「ビッグマムって麦わらの一味の敵なの?それとも味方になるの?」

このポイントが気になるんです。

サンジ奪還のために、ルフィVSビッグマムの構図で最終的に戦うのか。

それとも、条件付きか何かでサンジを返してくれるのか。

あるいは、何だかんだでビッグマムはルフィの味方というか「後ろ盾」になってくれるのか。

前回の感想記事で、ビッグマムのナワバリに乗り込んできた最悪の世代の海賊たちについて少しふれました。

その時の記事がコチラです。

それでね。

カポネを除くキッド、アプー、ウルージも、威勢だけで乗り込んできたのでしょうか??

もしくは、ビッグマムは何か「ポイント」のようなものを設定していて、そこにたどり着くかどうかを試しているのでは??とも考えたんです。

4人のうち、そのポイントにたどり着けない、なおかつ傘下に着いた方が得策だと考えたのがカポネ。

挑んで、目立った戦果なく逃れたのがキッドとアプー。

一方で、将星を倒したのがウルージ。

こういう構図でしょうか。

そこで、筆者は一つ予想を立てているんです。

ビッグマムは(サンジとプリンの結婚は関係無しに)ルフィに対して求めている「何か」がある!
それは「将星」という幹部を倒すことではない、別の何かだ!!

予想ですよ、予想ね(^^;)

その「求めている何か」とは何なのか、それはもう少し注意深く見ていきたいと思います。

この記事の目次へ

謎4:サンジがおびえる相手

最後に、少しだけ気になるポイントをピックアップします。

サンジが震えているんですね(+_+;)

サンジは誰に対しておびえているんだろう??

これがまず疑問になるかなと思います。

彼の見聞色の覇気で、何かを感じ取っているのでしょうか?

だとしたら、おびえている相手は、ついにホールケーキアイランドに到着した2人の兄「イチジ」と「ニジ」でしょうか(^^)

あるいは、天竜人の腕輪を両腕にはめられて、どうしようもできない状況に、徐々に恐怖感が募っていったのでしょうか??

な~んだか、イチジとニジはサンジをいじっているような感じですね…(苦笑)

この記事の目次へ

この記事の分類

この記事にアクションを起こしてみよう(^o^)!

このページの感想をどうぞ(フォーム形式)

こちらのボタンを押すとフォームに移動します。
メールアドレスの入力は不要です、お気軽に感想をお寄せください。

記事感想フォームへ

気に入ったらSNSでシェアしてください!

Twitterをフォローして更新情報をゲット!

Facebookページに「いいね!」

▲先頭へ