メニューを開く(+)閉じる(×)

世界最悪!神の名を持つ古代兵器

クロコダイルの第193話「理想郷」での説明によると、

“神”の名を持つ世界最悪の「古代兵器」!!
(第193話「理想郷」より)

というほどの古代兵器で、一発放つだけで島ひとつを消し去ることができるという。
また、同話でのクロコダイルは古代兵器プルトンがアラバスタ王国に存在するはずと目星をつけていた描写がある。

アラバスタ王国の王位とともに継承される

第193話「理想郷」での反応やその後のストーリーから、国王ネフェルタリ・コブラはプルトンについてある程度の情報は知っていた。
少なくとも、アラバスタ王国の葬祭殿のポーネグリフにプルトンのありかが書かれていることは把握していた。
一方、王女ビビはアラバスタにプルトンがあるかどうかを分かっていない反応をしており、護衛隊長代理のチャカは、プルトンにまつわる秘密が王位とともに継承されるものであることは把握していた。