メニューを開く(+)閉じる(×)

※こちらで紹介されているのは「ワンピースの世界に登場した医術関係のキーワード」であり、私たちの住む現実世界の医療知識とは一切関係がありません。

ワンピースの世界の医術

穿頭術(せんとうじゅつ)

空から降って来たガレオン船「セントブリス号」の船乗りに施されていた医術。

チョッパーいわく、ルフィ17歳時点の世界においてすでに「昔の医術」だといい、脳腫瘍を抑える際に頭蓋骨に穴を開けた方法を指す。

この手術跡を見たロビンは、さらにその死体にタールを塗り込んでいた風習から、穿頭術を施された船乗りが当時30代のサイスブルー出身の人物であることを見抜いていた。