メニューを開く(+)閉じる(×)

第929話のラストで、サンジやロー、ドレーク、ホーキンスらが近い場所に集まっていましたよね。

名前を挙げた4名の共通点といえばノースブルー出身であるということ。

ここから、コラさんの言っていた「ノースの闇」の話題になっていくのでしょうか、それは第930話以降の展開を見守っていきたいと思います。

ところで、そのノースの闇に関わっているかもしれない「とあるキャラクター」について今回は考えてみたいと思います。


この記事の目次

【1】ワノ国にノースブルー出身者が複数集結!ノースの闇の話題になるか!?

ワノ国で騒動を起こしたサンジとロー。

そこへ刺客として送り込まれたのがドレーク、そしてページワンという恐竜の能力者もいます。

さらに、その場所にホーキンスもやってきたんですね。

ページワンは不明としても、ノースブルー出身者が4名います。

こうやって4名も集まっている状況が仮に「偶然」だとしても、せっかく集まったなら、

「ノースの闇」の概要!

それだけでも、明らかになりませんかね??

恩人コラさんが暴こうとしていた「ノースの闇」を、ローがキーワードすら知らないとは考えにくいもの。

そのローと運命的なすれ違いをしたドレークは、父バレルズと2代続けて海兵から海賊へと立場を変えている理由に、ノースの闇が絡んでいたりはしないでしょうか。

ホーキンスはまだまだ謎な部分も多くありますが、ノースの闇を知っていておかしくないでしょう。

そして、かつてはノースブルーを制覇したジェルマ王国の王族の血を引くサンジ。

こういった状況が揃っていれば、ノースの闇の話題が「出てきてもおかしくない状況」ではあると思うのです。

キャラ名鑑:ノースブルー

この記事の目次へ

【2】アバロ・ピサロもノースブルー出身!悪政時代に悪魔の実や武器の取引に携わっていた!?

サンジ、ロー、ホーキンス、ドレークの4名が「ノースの闇」の話題を出したとして、それだけで何かが解決したり、重大事件のきっかけになる要素は見当たりません。

別の方向で、ノースの闇について掘り下げてみましょうか。

気になるキャラクターで、ノースブルー出身が1人いるんです。

悪政王アバロ・ピサロ!!

キャラブックの「VIVRE CARD~ONE PIECE図鑑~ BOOSTER SET インペルダウンの番人VS囚人達!!」で、アバロ・ピサロの出身地がノースブルーであることが明かされていました。

しかも、アバロ・ピサロは王様だったというんです。

王族であったのなら、各国の勢力争いがあったり、そうでないにしても備えを持っていたりといった状況が考えられそうなものです。

サンジの父ジャッジの「四国斬り」なんて、ありましたよね?

そういった争いごとに備えるために、アバロ・ピサロも「ノースの闇」に手を出していた可能性は考えられないでしょうか。

キャラ名鑑:アバロ・ピサロ

この記事の目次へ

【3】アバロ・ピサロが「ノースの闇」に関わっていた可能性はゼロとは言えないのでは!?

とりあえず。

第929話までのストーリーで「アバロ・ピサロはノースの闇に一切関わっていません」と明言されていた描写は見当たりません。

そうである以上、可能性は残っていると考えてみるのはどうでしょうか?

しかも!

先ほど述べた「VIVRE CARD~ONE PIECE図鑑~ BOOSTER SET インペルダウンの番人VS囚人達!!」のアバロ・ピサロに関するページでは、こんな描写も見受けられるんです。

考え得る限り最悪の王様
(「VIVRE CARD~ONE PIECE図鑑~ BOOSTER SET インペルダウンの番人VS囚人達!!」より)

悪政の限りを尽くしたというアバロ・ピサロ。

彼がノースの闇に関わっているのか、第929話まででは断定する根拠はありません。

でも、上記で引用したように「最悪」の王だというのなら、悪魔の実や武器の取引にかかわっていてもおかしくない状況ではあると思うのです。

クロコダイルはアラバスタ王国の国民をあおり、ドフラミンゴはドレスローザの国民を操って、それぞれ失脚後はインペルダウンのレベル6に幽閉されました。

アバロ・ピサロも同じ階層に幽閉されていたならば、「悪政」かつ、諸外国にも伝えられるほどの問題(内輪揉めではないという意味)だと、筆者は考えるのです。

伏線考察:アバロ・ピサロ

実際のところ、どうなのでしょうね(^^)?

ドレスローザ編以降、徐々に注目を集めつつある「ノースブルーでの出来事」が、明らかになってくるのを引き続き待ちたいと思います。

この記事の目次へ

今日の順位は何位かな?

当サイトでは、人気ブログランキングに参加しています。この記事が「面白かった」または「面白くなかった」と感じていただけましたら、こちらのボタンを押してください。

今日の順位を見てみる

この記事の分類

このページの感想を送る

こちらのボタンを押すと、管理人に感想を伝えるフォームに移動します。
メールアドレスの入力は不要です、お気軽に感想をお寄せください。

記事感想フォームへ

Twitterをフォローして更新情報をゲット(^o^)!