メニューを開く(+)閉じる(×)

錦えもんが言っていましたよね?

ワノ国開国を支持していた同志たちのうち、特に探し出してほしい人物の名前を。

河松(かわまつ)!

傳ジロー(でんじろー)!!

アシュラ童子!!!

このうちアシュラ童子は、第924話〜第925話の描写の限りでは、頭山盗賊団の頭領・酒天丸であることが確定であると考えられます。

さて。

今回は考察というより「妄想」なんですが、残る2人のうちの片方、河松についてです!


この記事の目次

【1】ルフィの投獄先にすでにいた、毒魚を食べる謎の人物

詳細は第924話をお読みいただくとしまして、ルフィの投獄先には、同じく最悪の世代の海賊、ユースタス・キッドがいました。

そしてさらに、毒魚を食らう謎の人物。

こちらは第924話のラストではシルエットでしたね。

で、毎日「毒魚」を仕入れられているんだそうです。

もともとは刑罰だったのだそうですが、それでも生き延びているようで、しかもルフィ投獄時点のスタッフも誰だかわからないくらい前から獄中にいるようなのです。

だとするならば…、どんなに少なく見積もっても「数日」「数週間」の次元ではないあいだ、毒魚の男は心が折れないまま獄中にいることが考えられます。

その男って…、

反カイドウの意志を、ずっと強く持ち続けている可能性はないですかね??

もっと言ってしまうならば、

錦えもんの言う「河松」「傳ジロー」のうちの、どちらかなのではないでしょうか??

と、筆者は思うに至ったのです。

キャラ名鑑:赤鞘九人男

この記事の目次へ

【2】河松(かわまつ)というのが仲間内の呼称である可能性

さて。

ここでは、筆者が「毒魚の人物が特に河松である可能性」について考えてみたいと思います。

まず、率直に申し上げて、「河松」という呼称が仲間内の「あだ名」のような呼び方であると予想します。

「酒天丸」の場合は「アシュラ童子」でした。

どちらが本名なのか、あるいはどちらも偽名か何かなのか。

何れにせよ、複数の呼び方があるといえます。

それを前提に行くならば、同じ赤鞘九人男の一人であったとされる河松にも、何らかの「別名」があってもおかしくないと考えるのです。

キャラ名鑑:河松(かわまつ)

この記事の目次へ

【3】河松がフグの魚人である可能性

こちらは、妄想の最たるものだとお考えください。

河松って、フグの魚人なんじゃない!?

予想にすぎませんが、そう考えるに至った根拠はいくつかあります。

まず、先ほど述べた「河松という呼称が本名でない」と仮定するならば、河松にはその「本名」が存在することになります。

そのうえで考えてみると、魚のフグは漢字表記で「河豚」です。

そんな風にキーワード単位でつなげてみると、例えば「河松」が、本名を「河豚松次郎(かわぶた・まつじろう)」という武士であるとするような可能性も浮かんでくるかなと思うのです。

(可能性ね、あくまで妄想ですからねコレは。)

ただ、現実世界の日本国でも、かつての苗字の付け方は「その家系の特徴」に由来するものが一定の割合でみられたそうです。

だとして、河松の一家が彼の代で名字を持ったとして、フグを連想させる「河豚(かわぶた)」というものに落ち着いた可能性もあるのではないかと、筆者は考えるのです。

そして「フグの魚人だから毒が効かない」という、ワンピースのストーリー上の設定があったのかも。

だから、毒魚でも大丈夫だったのかもしれません。

伏線考察:ワノ国に関する考察

この記事の目次へ

そんなわけで、

「ルフィが投獄された場所にいる毒魚の男が、赤鞘九人男の一人、河松なのではないか!?」

という妄想でした。

どうも、すみませんでした。

このページの感想を送る

こちらのボタンを押すと、管理人に感想を伝えるフォームに移動します。
メールアドレスの入力は不要です、お気軽に感想をお寄せください。

記事感想フォームへ

こちらのアンケートからも投票できます!

この記事の分類

Twitterをフォローして更新情報をゲット(^o^)!