メニューを開く(+)閉じる(×)

ワノ国に上陸した麦わらの一味。

そこで早くも、カイドウ率いる百獣海賊団の幹部とも顔を合わせていました。

そんな中で、少し不思議な反応を示していたのが百獣海賊団の真打ちスピード。

動物にしか効果がないと言うお玉のきび団子を美味しそうに食べて、お玉の指示に従っていました。

これは一体どういうこと!?

今回の考察は、そんなところを掘り下げてみたいと思います。

(※本来は人間も「動物」なんですけどね。ここでは「動物」という言葉を「人間以外の動物」として扱わせていただきます。)


この記事の目次

【1】動物にしか効果がないハズのきび団子がスピードに効いていた意味

お玉は言いました。

私のほっぺから出せるきび団子は、動物にしか効果がないと。

その一方で、スピードです。

彼女は馬っぽく見える外見ではありますが、それでも「おおかたは人間」と言っても差し支えないほど、人間の性質を残していました。

というより、スピードというキャラクターのベースは「人間」であると考えられます。

人間の言葉を話していますからね。

(え?パッパグ?だーれそれ…)

ともかく、そんな「ベースは人間」と考えられるスピードに、どうしてお玉のきび団子は効果を発揮したのでしょうか??

お玉のいう前提条件がある限り、まず考えられるのはコレだと思うんです。

スピードは「動物」でもある!

ん〜。

ちょっと言い換えましょうか。

スピードは「人間」の性質も「動物」の性質も持っている!!

だからこそ、スピードの「動物としての性質」に対して、お玉のきび団子が作用したため、スピードはお玉に従うようになったのだと考えられないでしょうか。

人間には効果がないきび団子。

それでも、動物としての性質を持っていたからスピードには効果があったのだとしたら、仮にホールデム(ライオンのスマイルの能力者)にも効果があったりして…?

キャラ名鑑:スピード

この記事の目次へ

【2】スマイルの能力者には、血統因子レベルで動物の性質が宿る!?

ローが言っていましたよね?

「SMILE(スマイル)は血統因子の応用」だって。

でも、ローがその発言をした当時、我々読者は、その「血統因子」の意味をよく理解できずにいました。

その詳細が明かされたのが、ホールケーキアイランド編の第840話のあたり。

Dr.ベガパンクや、サンジの父ヴィンスモーク・ジャッジの研究の説明のあたりでの話の限りでは、血統因子とは我々の住む現実世界での「遺伝子」に近いものがあるようです。

つまり、SMILE(スマイル)は遺伝子レベルで動物の性質を宿すものだと考えられないでしょうか。

ここで、チョッパーの例を出してみましょう。

チョッパーは、ベースとなる動物は「トナカイ」です。

そこへ、SMILE(スマイル)ではない悪魔の実として「ヒトヒトの実」を食べたことで、我々がよく知るチョッパーというキャラクターがいるわけです。

ルフィ17歳時点でチョッパーの怪物強化(モンスターポイント)が制御不能だった謎を除けば、いや、アレを含めたとしてもチョッパーの人格の中で「人間」と「トナカイ」がケンカを始めたという事例は、見かけたことがありません。

一方で、SMILE(スマイル)の能力者には、人間と「SMILE(スマイル)によって得られた動物」との対立があり得るようです。

その描写があったのが、百獣海賊団でスピードと同じ真打ちの立場にいるホールデム。

ライオンのSMILE(スマイル)の能力者である彼は、ときおり人間の部分とライオンの部分とで「まったく別の個体であるかのような対立」を見せていました。

つまり、

食べた人間とは別の「動物の性格」が、SMILE(スマイル)を食べることによって宿る

と考えるなら、スピードがお玉のきび団子を食べて従順になったことも、ホールデムが自分の腹部にあるライオンと対立していることも、説明がつかないでしょうか?

キャラ名鑑:ホールデム

ちなみに、筆者は過去に「動物(ゾオン)系悪魔の実は動物の”意志”を食べたものに伝達するのでは?」という趣旨の考察記事を書いたことがあります。

でもそれは、食べたものの意志に反しない限りのものでした。

(※チョッパーの怪物強化は制御できない時期もありましたが、そもそも例外的な条件で発動することや、ルフィ19歳時点では制御できるようになっている点から「何だかんだで食べたもの自身の力でどうにかできる状態」と解釈しています。)

それに対してSMILE(スマイル)は、食べたものの意志にかかわらず、新たな意志を取り入れてしまう果実なのでしょうか…。

この記事の目次へ

【3】SMILE(スマイル)は食べたものの寿命を削るのか!?それとも食べたものの人格を乗っ取るのか!?

ここでは、ちょっとコワイ考察にも踏み込んでみようかと思います。

ローが言っていた「SMILE(スマイル)のリスク」って何だろうね??

コレです!

スマイルを食べたからと言って、純粋に能力をあるだけではなく、何かしらデメリットも背負うようなのです。

それが何なのか、というところを考えてみましょう!

先ほどもあげましたが、ホールデムの例です。

人間であるホールデムと、ライオンの噛二郎(かみじろう)の部分がケンカを始めた描写がありました。

これ、何だかんだで大ごとになっていなかったから、まだいいんですけどね。

決着がついてしまう場合は、どうなるんでしょう??

特に…、

人間が、SMILE(スマイル)の動物に負けてしまう場合!

ホールデムなら、彼自身ではなく噛二郎が行動を支配してしまう場合。

スピードなら、彼女の人間としての部分ではなく、馬としての部分が「スピード」というキャラクターの行動を決めてしまう場合。

言い換えるならば、

SMILE(スマイル)のリスクというのは、動物の方の意志や性格が「人間」の体を乗っ取ってしまうことなのでは!?

筆者は、そんなことを考えています。

ちなみに筆者は、過去に「SMILE(スマイル)の能力者は寿命を削られている!?」という趣旨の考察をしたこともあります。

どうなんでしょうね〜?

伏線考察:人造悪魔の実SMILE(スマイル)に関して

この記事の目次へ

このページの感想を送る

こちらのボタンを押すと、管理人に感想を伝えるフォームに移動します。
メールアドレスの入力は不要です、お気軽に感想をお寄せください。

記事感想フォームへ

こちらのアンケートからも投票できます!

この記事の分類

Twitterをフォローして更新情報をゲット(^o^)!