メニューを開く(+)閉じる(×)

今回の考察テーマは「戦士としてのエネルの応用力の高さ」についてです。

空島編、ゴロゴロの実の能力で圧倒的な強さを誇ったエネルは、ほとんどの敵から触れられることもなく、多くの戦士たちを倒しました。

ところが!

そんなエネルにも、たった1人だけ叶わなかった相手がいたんです。

それがルフィ!!

エネルの電撃にも動じることなく、ケロっとしたリアクションを見せるルフィ。

そこでナミは気が付きました。

ルフィはゴム人間だから、雷が効かないっ!!


そのシーンからの、あの有名な「エネル顔」ですね(笑)

これまで圧倒的な強さを示し続けてきたエネルですから、その理由でもある「雷」の攻撃が一切効かない相手に出会って、驚きを隠しきれなかった様子でした。

その様子を見ていたナミは、こんな風に分析していました。

完全に…“雷”の力が無効化してる…!!!
“雷”が効かない人間がこの世に存在するなんてきっとエネルでも予想もしなかった出来事
(第279話「海賊ルフィVS神・エネル」より)

エネルの天敵がルフィ。

この構図、空島編より後のストーリーでも生きてくるんでしょうか( ̄▽ ̄)??

さておき。

実際に、エネルはルフィが天敵だったことを見抜けなかったというよりも、「ゴム」という物質を知らなかったという描写がありましたよね!

それが、第280話「浮上」でのシーンでした。

ところが、ここで怖じ気づいたり、諦めたりしないのがエネルでした。

電撃が効かないことを受けて、他のいろいろな手段でルフィに攻撃を仕掛けました。

そうして、エネルがルフィを倒せそうな突破口を発見したようです。

電気は効かずとも矛にたまる“電熱”は別か!!
(第280話「浮上」より)

引用箇所からして「ゴムってなんだ?」から「電熱なら効くんだね!」まで、同じ回のお話です。

このような描写から、エネルの戦士としての応用力の高さがうかがえると思います( ̄▽ ̄)

キャラ名鑑:エネル

伏線考察:エネルに関して

このページの感想を送る

こちらのボタンを押すと、管理人に感想を伝えるフォームに移動します。
メールアドレスの入力は不要です、お気軽に感想をお寄せください。

記事感想フォームへ

こちらのアンケートからも投票できます!

この記事の分類

Twitterをフォローして更新情報をゲット(^o^)!