メニューを開く(+)閉じる(×)

まず初めに、皆さんに質問させてください( ̄▽ ̄)ノ

ノーランドって、空島のことを知っていたと思いますか???

どうでしたっけ?

結論を言うと、「知っていた」と考えられます。

根拠になるのが、第228話「「猿山連合軍最終園長」モンブラン・クリケット」で、先祖のノーランドの航海日誌を見せてきたクリケットの話です。

クリケットいわく、探検家モンブラン・ノーランドは、

“空島”の証言者
(第228話「「猿山連合軍最終園長」モンブラン・クリケット」より)

だそうです。

自身は空島に行ったことがないものの、ウエイバーや空魚など、麦わらの一味が空島へ行って見てきたものを、航海日誌に残していました。

探検家仲間が見せてくれたそうです。

ロビンいわく、空魚に関しては空島特有の環境に適応するために進化を遂げた生物とのことでしたよね?

ということは、空魚がもともと青海にいた生物ということではなく、何らかのきっかけで空から空魚が落ちてきたと考えられます。

ウエイバーもそうですね、そしてそれらを航海日誌に書き留めていたんです。

つまり!

モンブラン・ノーランドは「空島」の存在を知っていた!!!

と考えられます。

でも、ですよ?

そうなってくると、少しおかしなこともあると思うんです。

何かって?

何でジャヤの島の一部が無くなっていたのを「海に沈んだ」なんて言っちゃったの!?

でしょ?

これ、不思議じゃありませんか??

いえ、百歩譲って「海に沈んだ可能性」を挙げるのはいいんですよ。

不思議な海域のグランドラインですから、そうなることも無いとは言い切れません。

実際に、ノーランドが見てきたはずのジャヤの島の一部が、5年ほどの後に無くなっているんですから。

でも!

空島の存在を知っていたなら、ジャヤの島の一部が「海に沈んだ」だけでなく「空に飛ばされてしまった」と言えば良いはずなのです。

もちろん、それを信じてくれるという保証はありません。

ただ、のちにノースブルーの人物がスカイピアにやってきて、ノーランドが黄金都市シャンドラを決して否定せず死んで言ったのだと報告してきたそうです。

ノーランドが「空に飛ばされたかも」と残しておけば、そうやって後の世代に空に到達できた人物によって、

「ノーランドはあの時、空に飛ばされたかもなんて言っていたけど、本当にそうだったんだな」

って、「うそつき」の不名誉は解消できたかもしれないのです。

なのに、なぜノーランドは、ジャヤの島の一部が空に飛ばされた可能性を挙げなかったのでしょうか???

筆者が考える可能性は、コレです!

ノーランドは必死で守った!!

たとえ「うそつき」の不名誉をかぶったとしても、のちに黄金都市シャンドラを空へ探しに行って黄金都市を荒らすものが現れないように、カルガラたちや黄金都市を、必死で守った!!!

ではないでしょうか(^^)

実際に、回想シーンで描かれていたノーランドは、死の間際と思われるシーンで、カルガラたちの身を案じていましたよね?

そこで「空に行ったのかも」とノーランドが想像していたとしたら、また2人の友情に、熱いものを感じないでしょうか( ̄▽ ̄)?

キャラ名鑑:モンブラン・ノーランド

伏線考察:モンブラン・ノーランド

このページの感想を送る

こちらのボタンを押すと、管理人に感想を伝えるフォームに移動します。
メールアドレスの入力は不要です、お気軽に感想をお寄せください。

記事感想フォームへ

こちらのアンケートからも投票できます!

この記事の分類

Twitterをフォローして更新情報をゲット(^o^)!