メニューを開く(+)閉じる(×)

今回の考察は、空島編の1シーンから。

テーマなんですが、

エネルって「海楼石」を知っていたと思いますか( ̄▽ ̄)??

という点です。

どうでしょうね??

筆者には「どっちにも解釈できる」と思えたんですよ。

なので、その辺を振り返らせてください。


お話のスタートは、第275話「神曲(ディビーナコメイディア)」から。

空島サバイバルで、エネルのいうとおり5人が残ったところで、エネルはフェアリーヴァースも含めた驚愕プランを発表しましたよね?

そのあとに、ワイパーがエネルに飛びつくんです。

というか「飛びつくことができた」という表現が正しいのかな?

ただ攻撃するだけでは、ロギア系悪魔の実の能力者のエネルは、受け流すことができますからね。

なんでエネルに飛びつくことができたかというと、ワイパーがシューターに海楼石を仕込んでいたからでした。

で、ワイパーからの「海楼石の説明」を受けて、エネルがこんな風にいうんです。

成程
(第275話「神曲(ディビーナコメイディア)」より)

つまり、エネルからすれば、ロギアだから受け流せるはずのワイパーの「飛びつき」をまともにうけて身動きが取れなくなってしまったと。

ましてや、力が入らないとまで言っていると。

その理由が「海楼石」であると、ワイパーが説明した上で、

「あぁ、だから自分は力が入らないんだな」

という意味での、エネルの「成程(なるほど)」発言だと解釈できそうです。

で!!

その後にエネルは、ワイパーにこんな風にも言っているんです。

海楼石とはくだらんマネをしてくれた
(第276話「SHANDIA RHYTHM」より)

ここでエネルは「海楼石」というキーワードを出してきました。

このシーン、どうなんでしょうね??

やっぱりエネルは、海楼石というものを元々知っていたのかな( ̄▽ ̄)??

筆者は、2通りの解釈ができると思うんです。

1つ目の解釈は「ワイパーが海楼石というものの存在を定義してくれたから、自分も使っちゃうよ」というもの。

つまり、ワイパーがエネルに飛びついた上で、

「海楼石を仕込んでおいた、この石はかくかくしかじか…」

と説明したので、エネルが、

「そのような性質の物質を使うとはくだらんマネを…」

という意味で言っているという解釈。

そして、2つ目の解釈は「ワイパーが海楼石というものを元々知っていたから使っただけ」というもの。

つまり、

「おれエネル、海楼石は実は元から知っていたんだ!ヤハハハハハ!」

という解釈です。

皆さんは、どう思いましたか?

エネルは「海楼石」というものを、元々知っていたのでしょうか( ̄▽ ̄)??

キャラ名鑑:エネル

伏線考察:エネルに関して

このページの感想を送る

こちらのボタンを押すと、管理人に感想を伝えるフォームに移動します。
メールアドレスの入力は不要です、お気軽に感想をお寄せください。

記事感想フォームへ

こちらのアンケートからも投票できます!

この記事の分類

Twitterをフォローして更新情報をゲット(^o^)!