メニューを開く(+)閉じる(×)

空島編でのこと。

先にルフィが食われていたウワバミに、アイサやガン・フォールたちまで食われてしまったことがありましたよね?

今回の考察記事は、そこでのアイサの振る舞いで感じた違和感についてです( ̄▽ ̄)


この記事の目次

【1】アイサがガン・フォールを「神」と認識して排除しようとしていたシーン

気になるシーンは、コミックス第29巻でのこと。

ナミと一緒にウワバミに食われたアイサは、ウワバミの腹の中にガン・フォールも入ってしまったことに気づきました。

そこで、アイサ自身のダイアル付きの武器を出してきて、凄むシーンがありましたよね。

アイサはそのシーン、こんな風に言っています。

げげっ!!神っ!!は……排除してやるっ!!
(第270話「小夜曲(セレナーデ)」より)

はいっ。

ガン・フォールを「神」と呼んでいますね(^^)

いいんですよ、ガン・フォールはもともと、スカイピアの神でしたからね。

でも!!

ガン・フォールがエネルに神の座を奪われたのって、この時点から6年も前でしょ!?

アイサはこの時から6年前って、物心ついていないんじゃないの!?

コレです。

ガン・フォールが神の座を追われたのは、ルフィ11歳時点のこと。

アイサの年齢は本稿執筆時点(2018年8月)でまだ明らかではありませんが、その体格からして、麦わらの一味がスカイピアを訪れた当時は「10歳未満」といっても驚きはないのではないでしょうか?

だとすると、そこから遡って6年前、アイサがガン・フォールの神だった頃を知っていたのかというのが疑問です。

キャラ名鑑:アイサ

この記事の目次へ

【2】ガン・フォールがアイサに目を付けられる理由は無いのでは!?

とはいえ、ガン・フォールはワイパーにとって「敵」とみなしている存在です。

同じシャンディアのアイサも、(ワイパーが苦手とはいえ)ガン・フォールを敵とみなしていたのかもしれません。

でも、ラキが少し気になることを言っているんです。

第249話「雲隠れの村」でのこと。

ラキはワイパーたちに、ガン・フォールがアッパーヤードに入ったことを告げました。

そのときに、ラキはガン・フォールのことを少し話しているんですね。

その内容によると、ガン・フォールは神の座を降ろされてから6年間、シャンディアの誰かを傷つけたことがないと言っているんです。

つまり、文面通りに解釈するなら、シャンディアはガン・フォールから距離を取るのはいいとしても、ヴァースを取り返すという目的を果たす上で「わざわざ敵対視する必要のない存在」なのではないでしょうか?

なのに、神の座を下された当時に物心がついていたかどうかも怪しいアイサが、ガン・フォールを「排除すべき相手」とみなしていたのです。

となると、アイサがそのような振る舞いをした理由には、気になるものを感じますね…( ̄▽ ̄)

キャラ名鑑:ガン・フォール

この記事の目次へ

【3】それでもアイサが排除しようとしたのなら、ガン・フォールが神だった時代はシャンディアの子供におm引き継がれている!?

アイサはガン・フォールを見るや、排除すべき相手と見なしていました。

でも!

ラキが語るとおり、ガン・フォールが6年間、シャンディアの誰をも傷つけていないとしましょう。

だとすると、アイサにはガン・フォールを敵対視する理由がないようにも見えます。

それでもガン・フォールを排除しようと凄んでいたのであれば、考えられる理由は限られます。

筆者の考えを述べますね。

シャンディアの大人たちに刷り込まれた!!

コレではないでしょうか??

ワイパーが「ガン・フォールもおれ達にとっての敵なのだ」というのを聞きながら、アイサは育ったのかもしれません。

あるいは誰かが「エネルが君臨する前にヴァースを治めていたのはガン・フォールだよ」と教えていたのかもしれません。

いずれにしろ、アイサに「ガン・フォールも排除すべき対象」だと伝えたシャンディアの戦士の存在があるように思えるのです。

伏線考察:空島に関して

この記事の目次へ

このページの感想を送る

こちらのボタンを押すと、管理人に感想を伝えるフォームに移動します。
メールアドレスの入力は不要です、お気軽に感想をお寄せください。

記事感想フォームへ

こちらのアンケートからも投票できます!

この記事の分類

Twitterをフォローして更新情報をゲット(^o^)!