メニューを開く(+)閉じる(×)

今回は、短めの考察でいこうと思います(^^)

空島サバイバルで、オームが鉄の試練を張っていた場所に、ゾロたちがやってきましたよね?

で、オームはゾロとマッチアップして、1対1の戦闘になっていくのでした。

ゾロとの戦闘はオームが押している時間帯も長く、ゾロがピンチを迎えるシーンもありました。

でも、鉄の試練を前に、簡単に倒れないゾロ。

それを受けて、オームはゾロに、こんなことを言うのでした。

お前が青海人の要のようだな
(第271話「海賊ゾロVS神官オーム」より)

うんうん……(^^;)

まぁ、まんざら間違いではないですよ。

ゾロだけのおかげではありませんが、麦わらの一味のこれまでの航海で、ゾロがいなければ成り立たない場面はたくさんありました。

そういう意味では、オームの指している青海人(ここでは麦わらの一味)という捉え方のもとで「ゾロが要」という考え方もわかります。

でも!!

オームのこの発言、どうしてもルフィの存在が見えていないと思うんですよねぇ……( ̄▽ ̄)

確かに戦闘において大きく活躍するゾロ。

ただ、敵のボスを倒す決定的な仕事をするという意味では、ルフィこそが「要」と見る考え方も、当然あると思うんです。

「ルフィが要?いやゾロが要でしょ?」

そうやって意見が分かれるなら、まだいいんです。

でも、上記のセリフを発したシーンでは、ゾロが要であると判断するに、そう多くの時間を要していないように見えます。

これに関しては、オームにはルフィの存在が見えていない可能性もあり得ると、筆者は思ってしまうのです( ̄▽ ̄)

エネルが倒された後、オームは雲流しの刑にあったと言いますから、再登場の可能性は無いのかもしれません。

ただ、スカイピアで出会った人々、特にエネル率いる神の軍団には、「麦わらの一味」という組織は、青海の評判とは異なるものに映ったのかもしれません。

このページの感想を送る

こちらのボタンを押すと、管理人に感想を伝えるフォームに移動します。
メールアドレスの入力は不要です、お気軽に感想をお寄せください。

記事感想フォームへ

こちらのアンケートからも投票できます!

この記事の分類

Twitterをフォローして更新情報をゲット(^o^)!