メニューを開く(+)閉じる(×)

WCI(ホールケーキアイランド)編でのルフィ達の活躍の情報は、

「麦わらのルフィがビッグマムを倒した」

という形で世界各地を駆け巡りました。

それを伝えていた新聞を、ルフィに関わりのある人たちも手にとっていましたが、同じ新聞の中に、筆者は気になる箇所を2つ見つけました。

それが今回のテーマ、「白ひげ」と「ベガパンク」です。


この記事の目次

「WARNING」のメッセージとともに載っていた「白ひげ」のような人物

まずは、ルフィの知らせと同じ日の新聞に載っていた「白ひげ」のような人物です。

第903話では、コビーがレベッカから新聞を借りて読んでいるシーンで、われわれ読者の視界に入ってきます。

はっきりと白ひげだとわかる姿では無いんですけどね(^^;)

読者の方々の中には「ウィーブルじゃないの?」という声もあるようですが、筆者はアレは、白ひげだと思います。

ウィーブルの目的は、ゾウ編の直前で描かれたとおり「ルフィ」または「マルコ」であると考えられます。

そして、ウィーブルは王下七武海。

つまり、マルコであろうとルフィであろうと、海賊を七武海のウィーブルが狙うこと自体は「WARNING(注意・警告)」にならないと考えられます。

ワンピースの世界の法律では、海賊を狙っても罪になりませんからね、ましてや七武海が、です。

よって筆者は、ルフィの15億の手配書が挟まれていた日の新聞の「あの人」は、白ひげだと思っています。

でも、さすがに「白ひげが生き返った」なんてことは言いません。

筆者が言いたいのは、

「誰か」を紹介するために、白ひげの写真を使ったのでは!?

ということです。

では、それは誰なのかと。

結論を言いますと「この人といえば白ひげと関係がある」と、世間で認識されている人物だと思います。

具体的にいうなら、

白ひげ海賊団の残党!!

そうではないかと、筆者は考えています。

また、これは筆者の予測に過ぎませんが、世間に対する「WARNING(注意・警告)」の対象は、マルコなのではないかとも考えています。

だとすると、これから始まるワノ国編に合流するであろうマルコが、どんなふうに絡んでくるかにも注目したいところです。

キャラ名鑑:白ひげ

(ただ、ネコマムシの旦那はマルコに期待するなみたいなことも言っているんですよね。だから、マルコを見つけたはいいけれど、モチベーションがガタ落ち状態という可能性もあり得るわけです。どうなるかな〜?)

この記事の目次へ

大見出しで載っていた「Dr.ベガパンク」の名前

続いては「Dr.ベガパンク」についてです。

彼の名前は、ビビが新聞を読んでいるコマで見られます。

本文はミミズのようなダミー文字ですが、ベガパンクの名前はこのコマで「大見出し」的に使われています。

新聞の大見出しというのは、私たちの住む世界で考えるならば、

「それ単独で、本文を読まなくとも大まかな内容が伝えられる文言」

とも言えるでしょうか。

そして、出来事の重大さや影響の大きさなどによって、必然的に見出しの文字サイズも大きくなります。

ベガパンクが、何かをしたのか。

あるいは、ベガパンクの身の回りで何かが起こったのか。

ちなみに、パンクハザード編終了のころに、スモーカーとたしぎが、パンクハザードの子供たちをベガパンクの元に連れて行くと言っていました。

連れて言った後での「何か」なのでしょうか。

あるいは、子供たちをベガパンクが短期間で全て治療してあげたという記事だったりして。

キャラ名鑑:Dr.ベガパンク

この記事の目次へ

いずれにしても、ホールケーキアイランド編以外の場所でも、世界は動いているように思えます。

ここからどんな展開を経て、レヴェリー(世界会議)編に向かうのでしょうか。

引き続き楽しみにしたいと思います!

このページの感想を送る

こちらのボタンを押すと、管理人に感想を伝えるフォームに移動します。
メールアドレスの入力は不要です、お気軽に感想をお寄せください。

記事感想フォームへ

こちらのアンケートからも投票できます!

この記事の分類

Twitterをフォローして更新情報をゲット(^o^)!