メニューを開く(+)閉じる(×)

第891話「信じられてる」で登場したシャーロット家36女のフランペ。

彼女はジャンプ誌面では33女と表記されていましたが、ワンピーススタッフさんの公式ツイッターで発売日当日に「36女」と訂正されました。

訂正となった理由は「表記の誤り」と考えられます。

では!

なぜ、ジャンプ発売日当日の訂正だったのでしょうか( ̄▽ ̄)??

筆者は、そこが凄く気になっています。

この記事の目次

発売日当日に「33女→36女」と訂正されたシャーロット・フランペの設定

改めまして、シャーロット・フランペが初登場した今回、彼女は当初「33女」と表記されていましたが、「36女」であると訂正がありました。

訂正された理由に関しては、公式ツイッターを見る限り、

「表記に誤りがあったから」

だと考えられます。

そこには、疑いの余地はありません。

では、シャーロット・フランペの設定の訂正が、なぜ発売日当日に行われたのでしょうか??

これまでも、表記に誤りがあった箇所も含め、週刊少年ジャンプの掲載内容と、コミックスでの内容とが異なっている場合がありました。

例えば、これは「誤りの訂正」に含まれませんが、カタクリのモチモチの実はジャンプでは「ロギア系」となっていて、コミックスでは「特殊なパラミシア」とされていましたよね?

他にも、時系列としてありえない衣服の乱れや汚れ、ルフィたちキャラクターの髪型やキズなど、コミックスで修正されていた箇所はいくつかありました。

でも、それらは必ずしも、1個ずつ「ここを訂正します」のようにアナウンスされたとは限りません。

その一方でシャーロット・フランペの「33女→36女」という訂正は発売日当日だったのです。

キャラ名鑑:
シャーロット・フランペ(36女)

この記事の目次へ

シャーロット・フランペの「36女」への訂正の意味は「プリンが18歳である可能性」を消さないことにある!?

さて。

ではシャーロット・フランペが33女から36女であるという訂正が発売日当日になされた意味を考えてみましょう。

この回が収録される予定のコミックスは、第89巻くらいでしょうか?

いや、88巻に間に合うのかな?

いずれにしても、最低でも1ヶ月半ほどは読者の間で「フランペ=33女」という認識が定着してしまうわけです。

88巻の発売予定日(2018年3月2日予定)から考えると。

「それじゃマズイ」からこその、発売日当日の訂正だったのではないでしょうか(^^)?

筆者は、そう思います。

シャーロット・フランペの「33女→36女」への訂正の意味

例えば「@@海賊団の懸賞金ランキング」みたいなものがあったとしましょうか。

船長:@@@(10億ベリー)

副船長:@@(8億ベリー)

航海士:@@(1億ベリー)

だとすれば、この順に1位、2位、3位ですよね?

仮にここで、

「航海士の懸賞金額が違いました、やっぱり2億ベリーでした〜!」

確かに誤りなんです、でも、ランキングには変化ないですよね?

筆者は、シャーロット・フランペの場合は逆だと思ったんです。

シャーロット・フランペを33女ではなく36女にしておかないと、順序が逆転してしまうのではないか。

そう!

35女シャーロット・プリンとの姉・妹の関係の逆転を防ぐため!

シャーロット・フランペが36女だとすると、35女のプリンの方がお姉さんです。

ちなみにこの場合、これだけではプリンの年齢はわかりません。

一方、シャーロット・フランペが33女だとすると、プリンの方が妹になります。

この場合、プリンは15歳のシャーロット・フランペよりも年下か、彼女と同じ15歳ということになります。

プリンが18歳である可能性

筆者の予想する、シャーロット・フランペの「33女→36女」への訂正の意味。

それは結論から言うとプリンが18歳である可能性を消さないようにすることにあったのではないかと思っています。

シャーロット・フランペが33女のまま訂正されない場合は、先述の通りプリンが15歳以下だと確定し、18歳であると言う可能性が消えてしまいます。

一方で、シャーロット・フランペが36女と訂正されたことで、プリンが18歳である可能性が残ることになります。

シャーロット・フランペの設定が発売日当日に訂正された意味は「ここ」にあったのではないかと筆者は考えます。

この記事の目次へ

プリンが18歳の10つ子である可能性を改めて考える

さて、プリンが18歳だと、何なのか。

筆者は以前、コミックスのSBSで「ビッグマムの子供には18歳で男女5人ずつの10つ子がいる」という情報を掘り下げて考察してみたことがありました。

要するに、プリンが18歳の10つ子なのではないかというお話です。

今回のシャーロット・フランペの設定の訂正で、その可能性はまだ残り続けていることになるのではないかと思っています。

さらに重ねれば、プリンが18歳の10つ子かどうか、そろそろ真偽がハッキリするのではないかと予想しています。

シャーロット・フランペの設定が、発売日当日に訂正されたのは、その回を収録する予定のコミックス発売日では間に合わないから。

言い換えるなら第891話を収録予定のコミックス発売日より前に、18歳の10つ子が登場するからではないでしょうか??

プリンが18歳の10つ子だと仮定した場合の組み合わせ

ちなみに。

プリンが仮に、18歳の10つ子(男子5人・女子5人)の1人だとしましょう。

その場合、ビッグマムは42年間連続で子供を産み続けていることになりますから、35女プリン(18歳と仮定)と、36女フランペ(15歳で確定)の間に、男性の子供2人が挟まれることになります。

シャーロット・フランペのお兄さん、今回で判明していますよね?

彼女本人が「41人」と言っています。

つまり!

プリンとフランぺの間に16歳・17歳の男性のきょうだいがいるとして、順に41男・40男です。

よって、プリンが18歳の10つ子だと仮定すると、男子5人の組み合わせは「39男より上の5人」と考えられます。

さらに、先ほどの考察記事を再度、引っ張り出してきます。

ここでは男子は「20男~46男のうち5人」としていますので、「39男より上の5人」との共通部分を取ると…、

「20男から39男のうち5人」

となります。

女子の方は、プリンが18歳だとすると、実は第891話で確定しています。

35女プリンのすぐ下が15歳の36女フランペということになりますので、

「31女から35女プリンまでの5人」

となります(^^)

この記事の目次へ

まとめ:シャーロット・フランペが36女であることの意味

【1】シャーロット・フランペが「33女→36女」と訂正されたのは、35女プリンとの姉・妹の関係の逆転を防ぐためでは!?

【2】第891話までの情報の限りで、プリンが18歳の10つ子のうちの1人である可能性はまだ残っている!

【3】プリンが18歳だと仮定すると、10つ子の組み合わせは「20男から39男のうち5人」と「31女から35女プリンまでの5人」なのでは!?

この記事の目次へ

このページの感想を送る

こちらのボタンを押すと、管理人に感想を伝えるフォームに移動します。
メールアドレスの入力は不要です、お気軽に感想をお寄せください。

記事感想フォームへ

この記事の分類

Twitterをフォローして更新情報をゲット(^o^)!