メニューを開く(+)閉じる(×)

ワンピース FILM GOLD グッズ

今回も、「ジャンプフェスタ2018」での尾田栄一郎先生のコメントからの考察です。

2018年のワンピースの連載の中で、

みなさんにONEPIECEの世界に潜む伝説を一つ紹介する事になるでしょう。
(ジャンプフェスタ2018スーパーステージでのコメントより)

だそうです。

この部分も、非常に興味深いですね〜!

みなさんは、どんな伝説だと思いますか(⌒▽⌒)?

ここでは、筆者の考える「伝説」を挙げていきたいと思います。

この記事の目次

ポイントはワンピースの世界に「潜む」伝説

さて、まずは尾田先生のコメントの、冒頭の引用部分をじっくり吟味してみましょうか。

尾田先生は、ワンピースの世界に「潜む」伝説とおっしゃっていました( ^∀^)

ワンピースの世界における「代表的な」伝説、だったら、いろいろ想像できますよね?

あの人のことかな?

こっちの人のことかな?

ワンピースで「伝説」というキーワードを使って語られているキャラクターは、探せば少なくもないんです。

でも!

「潜む」伝説らしいんです( ̄▽ ̄)

ということは、ですよ?

2018年の連載の中で登場する「伝説」というのは、ワンピースの第87巻までのストーリーでは表沙汰になっていない出来事かも知れません。

もっと言えば読者でさえ知らない未登場の「伝説」かも知れません。

どうなんでしょう??

次のセクションから、具体的なものをいくつか挙げていきます。

Portrait.Of.Pirates ワンピースシリーズ NEO-DX ゴール・D・ロジャー

この記事の目次へ

ロジャーや白ひげの武勇伝ではない可能性を考える

ワンピースの世界に「潜む」伝説。

だとすると、

「伝説といえば、あのキャラかな…?」

という形で名前が挙がるキャラクターでない可能性だって、十分に考えられます。

具体的に、名前も挙げてみましょう。

ロジャーや白ひげとは直接関係ない!?

コレです。

ただし白ひげに関しては、尾田先生は直後のくだりで、関係してくるかも知れない旨のポロリ(?)をしています。

ということは!

その「潜む」伝説なるものは、ロジャーや白ひげの武勇伝めいたものとは違うのではないでしょうか。

でも、「潜む」伝説をヒモ解いていったとき、一部で白ひげに関係あるストーリーもあるということかも知れません。

ちなみに、白ひげに関係あるとして、ロジャーとは無関係なのでしょうか?

どの辺りの出来事が、伝説として描かれるのでしょうね( ̄▽ ̄)

【正規品】TSUME ART ONE PIECE 白ひげ エドワード・ニューゲート HQS

この記事の目次へ

「潜む」というのは読者にとってではなく、ワンピースの世界の一部の人にとってのもの!?

さて、次はどの範囲の人たちにとっての「潜む」伝説なのかというポイントから考えてみます。

要するに、

「ワンピースの世界の誰かが知らないだけで、読者は知っている話なのでは?」

という方向から考えてみたいのです。

筆者は昔から、ずっと気になっていることがあります。

なぜ「あの冒険」に相当なボリュームが割かれたにも関わらず、ワンピースの世界でそれを語るもの、知っていると口にするものが実質ほとんどいないのか。

よほどの強敵を倒して。

不思議な能力にも直面しながら、敵の野望を阻止したりして、けっこうな規模の冒険だったはずなのです。

だのに、麦わらの一味のその冒険は、語られていません。

「青海では。」

そう!!

「潜む」伝説とは、青海人が知らない空島編のストーリーに関わる何かなのでは!?

この予想が、あってもいいと思うんです。

例えば、空にもいた「エネル」という悪魔の実の能力者とか。

シャンドラのポーネグリフに、古代兵器ポセイドンのありかが記されていたこととか。

方舟マクシムとか。

そもそも、雲が浮いて、そこに人々が文化を築いているところとか。

挙げてみれば、青海の人たちにとって「伝説」めいた出来事はたくさんあると思います。

2018年の連載では、いよいよそれらの情報が、ワンピースの青海に住む人々の知るところとなって、何かが起こるとか。

麦わらの一味の活躍のほうではないですよ(^^;)

空島の「何か」を青海の人が知って、それを機に新たな「発見」になるとか。

そんな可能性は無いかなとも、考えてしまいます( ̄▽ ̄)

ワンピース SCultures 造形王頂上決戦 vol.6 ゴッド・エネル 単品

この記事の目次へ

やはり「月」に関する伝説か!?

いえいえ、でもね。

やっぱり「潜む」というからには、読者にとって知らない出来事が、2018年の連載の中で新たに紹介されるという意味で解釈するのが良いとも考えるのです。

となると、どんな伝説があるでしょう?

さすがに、新たに登場する「伝説」では予測がつきません。

なので、

「キーワード程度には登場しながら、本編でほぼ語られていない伝説」

こんな風に置き換えてみましょう!

そうなると、ここに行き着くのはどうでしょうか?

「月」

空島編の終盤で、ルフィに敗れたエネルが「月」に向かいましたよね?

「なにしてんの?月に空気はあるの?」

昔の筆者は、そんな風に驚いていました(^^;)

そんな「月」ですが、ゾウ編以降、またスポットライトを浴びつつあるように見えます。

「満月」の夜に変身する、ゾウのミンク族。

ポーネグリフを作った一族として、「光月家」の存在もありました。

ペドロが、麦わらの一味に託したときの「夜明け」というキーワードも、それがいまだ訪れていない段階では夜、つまり「月が出ている状態」とも解釈できそうです。

これらの「月」に関係がありそうなキーワードがいくつか出ている状態で、レヴェリー(世界会議)編とワノ国編が直近に控えています。

それを受けての、ワンピースの世界に「潜む」伝説。

となれば、ホールケーキアイランド編以降のストーリーでも引き続き「月」というキーワードが登場したまま、「月の世界の伝説」が新たに登場してくるのではないでしょうか。

Portrait.Of.Pirates ワンピースシリーズ Sailing Again モモの助

ちなみに「月」じゃないとしたら、筆者は「種族」に関する伝説かなとも考えています。

ルフィ達と同程度の体格の「人間」のほかにも「巨人」とか「魚人」とか「小人」とか、色々いますよね?

「世界にたくさんの種族がいます、実は昔、こんなことがあって…」

という形で、種族に関して語られるシーンがあるのも、面白そうです( ̄▽ ̄)

この記事の目次へ

【参考】ジャンプフェスタ2018スーパーステージでの尾田栄一郎先生のコメント

この考察記事は、ジャンプフェスタ2018スーパーステージで発表された、こちらのツイートにおけるコメントをもとにしたものです。

この記事の目次へ

このページの感想を送る

こちらのボタンを押すと、管理人に感想を伝えるフォームに移動します。
メールアドレスの入力は不要です、お気軽に感想をお寄せください。

記事感想フォームへ

この記事の分類

Twitterをフォローして更新情報をゲット(^o^)!