メニューを開く(+)閉じる(×)

イーストブルーのオレンジの町でルフィ達と出会ったバギーも、あれよあれよと言う間に、今では王下七武海の一人に数えられるほど。

そんなバギー海賊団の船は「ビッグトップ号」というんですが、この船はどこで手に入れたものなのでしょうか??

今回のテーマは、

「バギー海賊団の船ビッグトップ号が、ルフィを追ってグランドライン入りする前にもグランドラインでの航海歴があるのでは!?」

というものです。

この記事の目次

ビッグトップ号は、バギーがルフィと会う前にグランドラインの航海歴がある!?

今回のお話のスタートは、第525話「海底監獄インペルダウン」の一部分。

コミックスでいうと第54巻、インペルダウン編でのことです。

バギーはキャプテン・ジョンの財宝を狙っていたところ、誤って海軍に捕まってしまいました。

そして、ルフィがエース救出のためインペルダウンに侵入しようとしていた少し前から、インペルダウンに収監されていたようでした。

健気なバギー海賊団の部下達は、船長のバギーを助けに行こうとインペルダウンまでビッグトップ号を進めていったんでしたね( ̄▽ ̄)

その姿は、遠巻きからモモンガ中将の部隊に見つかっていました。

何よりその船の上司であるモモンガが放っておけと見向きもしておらず、モージやカバジ達が乗っているビッグトップ号は、海軍達から攻撃されずに済みました。

ちょうど彼らはエース処刑執行のため、白ひげ海賊団の急襲を警戒していました。

名もなき海賊団の船を警戒する余裕などなさそうな状況でしたよね?

でも、ビッグトップ号を見て、モモンガの部隊の海兵の一部は、マストについているバギー海賊団のシンボルに見覚えがあると言っているのです!

グランドラインの海兵が、です。

この描写からして、バギーはオレンジの町でルフィと出会う前に、ビッグトップ号でグランドラインを航海していたという可能性は考えられないでしょうか??

キャラ名鑑:バギー

この記事の目次へ

バギーが「ビッグトップ号で」グランドラインを航海していない可能性

とはいえ。

バギーがルフィと出会う前に、ビッグトップ号でグランドラインを航海していたというのは「確定」なのでしょうか?

どこかに、バギー海賊団がビッグトップ号以外の船でグランドラインを航海していたという可能性は残っていないでしょうか??

そうやって見ていったとき、バギー海賊団がルフィと知り合う前に、グランドラインを航海していたときの船が「ビッグトップ号以外の船」であるという可能性も、確かに存在しています。

それが…、

イーストブルーへ帰ってきて、船を乗り換えた場合!

つまり、かつてグランドラインを航海していたときは、別の船。

そこでイーストブルーに帰ってきて、ルフィと出会うまでの間に、ビッグトップ号に乗り換えたという可能性です。

ただ、ビッグトップ号自体、かなりの規模の人数が乗れる、比較的大きな船です。

もしもイーストブルーで乗り換えたのだとすると、イーストブルーにそれ相応の腕のある船大工がいるということになります。

シロップ村のカヤの執事のメリーも船の図面を引いていましたっけ。

そのあたり、イーストブルーの造船技術には、実はかなり奥深いものがあったりして…( ̄▽ ̄)

そんな風にストーリーの一節を切り取って見ても、じつは裏がありそうな描写は、ほかにもありそうです。

ワンピース バギー つままれストラップ

この記事の目次へ

まとめ:バギー海賊団とビッグトップ号

【1】モモンガの部下の海兵たちが、グランドラインの内外を動く人事異動がない限り、ビッグトップ号をグランドライン内で見ている可能性アリ!

【2】モモンガの部下の海兵たちが、バギー海賊団の旗だけに見覚えがあるといっている場合は、ビッグトップ号はイーストブルーで乗り換えている可能性アリ!

【3】ビッグトップ号がイーストブルーで作られたものだとすると、イーストブルーにも相当な造船技術が伝わっている可能性アリ!

この記事の目次へ

このページの感想を送る

こちらのボタンを押すと、管理人に感想を伝えるフォームに移動します。
メールアドレスの入力は不要です、お気軽に感想をお寄せください。

記事感想フォームへ

こちらのアンケートからも投票できます!

この記事の分類

Twitterをフォローして更新情報をゲット(^o^)!