メニューを開く(+)閉じる(×)

ウォーターセブンでの約5年の潜伏期間を終えて、エニエス・ロビーに戻ってきたブルーノたち。

そこで悪魔の実の話題になって、ブルーノは悪魔の実の能力の伝達条件がもう解明されているよ、という趣旨の発言をしました。

改めて読み返して見ると、筆者はこのシーンで、全然存在していないDr.ベガパンクの立ち位置が気になったのです。

今回のテーマは「元CP9ブルーノの台詞から考える、Dr.ベガパンクと政府との距離」です!

この記事の目次

Dr.ベガパンクに対するブルーノの他人行儀な呼び方

話の始まりは、第385話「道はある」の、悪魔の実に関して話しているこの台詞です。

すでに“偉大なる航路(グランドライン)”の学者によって“能力”の伝達条件は解明されてる
(第385話「道はある」より)

解明されているのはヨシとします。

第433話「その海の名は」でのヘルメッポの説明によると、改名したのはDr.ベガパンクなんですよね?

筆者が気になったのは、おそらくDr.ベガパンクについて言ったと思われる箇所の、ブルーノの表現のしかたです。

グランドラインの学者!!

ちょっと引っかかりませんか?

確かにDr.ベガパンクは、グランドラインの学者かもしれません。

何かを理由に、グランドラインの外に出ていない限りは。

でも、Dr.ベガパンクという人物は少なくとも、海賊側か政府側かで言えば、間違いなく「政府側」の人間なはずなのです。

そんなDr.ベガパンク、おなじく政府側の人間であったブルーノから「グランドラインの学者呼ばわり」されていたんです(^^;)

「すでにDr.ベガパンクの手によって…」

ではないんですよね。

Dr.ベガパンクの名前が出るのが第433話「その海の名は」でしたので、その時点まで彼の名前を出さないでおくとしても、

「すでにヤツの手によって…」

みたいな表現もできたと思うのです。

「同じ政府側のアイツだよ…、政府に関わりあるならわかるだろ?」

のような暗黙の了解みたいな表現は、使われていませんでした。

グランドラインの学者!!

あくまで、そのような表現でした。

「政府直属の学者」でもない。

「海軍科学班のリーダー」でもない。

ブルーノは「グランドラインの学者」としてDr.ベガパンクの名を挙げるという、少し「他人行儀(たにんぎょうぎ)」にも思える呼び方をしていたように、筆者は考えたのです。

ONE PIECE ワンピース ワールドコレクタブルフィギュアvol.24 ブルーノ 単品 バンプレスト プライズ

この記事の目次へ

Dr.ベガパンクが(一部の)政府関係者とほとんど関わっていない可能性

ブルーノの、少し他人行儀にも思える呼び方を受けて、筆者はいろいろな可能性を考えてみました。

その中の一つが、Dr.ベガパンクは一部の政府関係者を除いて、関わりを持っていない可能性です!

例えば、仮にブルーノとDr.ベガパンクが「仲良し」だったとしましょう(^^)

その場合、先ほど挙げた第385話「道はある」でのセリフでブルーノは、

「Dr.ベガパンクの…」

と言っている可能性がありますし、やはり彼の名をこの時点で伏せるとしても、

「あいつの…」

という表現になるのが自然だと思うのです。

少なくとも「グランドラインの学者」という、もしかしたらDr.ベガパンクは政府側の人間でないのでは!?と疑ってしまう表現よりは。

でも、ブルーノは「グランドラインの学者」という表現を用いました。

この事実から筆者は、Dr.ベガパンクという人物が、ごく一部の政府関係者を除き、ほとんど関わりを持っていない可能性を考えてみたいのです。

関係が薄いから「グランドラインの学者」という表現に留まったのだ、ってね(^^)b

フィギュアーツZERO 戦桃丸

以前筆者は、

「Dr.ベガパンクに戦桃丸がボディガードとしてついているのは、Dr.ベガパンクが政府機関を離れて移動することが多かったからではないか!?」

という考察記事を書いたことがあります。

この可能性と、その次のセクションで述べた「Dr.ベガパンク死亡説」の可能性については、2017年10月時点でまだ持ち続けています(^^)

つまり!!

筆者の考察はこんな感じです(⌒▽⌒)

Dr.ベガパンクは、政府機関から離れることが多かった。

何らかの理由でね。

でも、大切で優秀な科学者です、政府は放っておかないでしょう。

だから、ルフィ17歳時点で戦桃丸がDr.ベガパンクのボディガードという肩書きを持っていた。

そうすることで、Dr.ベガパンクを守ることができていた。

Dr.ベガパンクも、安心して政府機関を離れることができた。

そして、離れている時間が長かったからこそ、Dr.ベガパンクは逆に、政府側の人物たちとコミュニケーションを取る機会が極端に少なかった。

だからブルーノの「グランドラインの学者」という表現からにじみ出るように、周囲の政府関係者からDr.ベガパンクは、他人行儀な接し方をされていた。

こういうことではないでしょうか??

何かの理由で政府関係者と人間関係を築くことができていなかったから「他人行儀な呼ばれ方」をされているという可能性。

しばらく持ち続けてみようと思います( ̄▽ ̄)

キャラ名鑑:Dr.ベガパンク

この記事の目次へ

今日の順位は何位かな?

当サイトでは、人気ブログランキングに参加しています。この記事が「面白かった」または「面白くなかった」と感じていただけましたら、こちらのボタンを押してください。

今日の順位を見てみる

この記事の分類

このページの感想を送る

こちらのボタンを押すと、管理人に感想を伝えるフォームに移動します。
メールアドレスの入力は不要です、お気軽に感想をお寄せください。

記事感想フォームへ

Twitterをフォローして更新情報をゲット(^o^)!