メニューを開く(+)閉じる(×)

悪魔の実の能力の伝達条件の解明。

これは、Dr.ベガパンクの近年の大仕事だといいます。

今回はそれを踏まえて、悪魔の実を食べた物(無生物)にスポットを当てて、少し考えたいことがあります。

この記事の目次

悪魔の実を食べた物たち

さて。

まずはこれまでのワンピースに登場した「悪魔の実を食べた物(無生物)」について振り返ってみたいと思います。

画期的な技術の裏に少なからず関係しているのが、政府の科学者Dr.ベガパンクです。

ベガパンクの画期的な発明の一つが「悪魔の実の能力の伝達条件の解明」がありました。

つまり、悪魔の実の能力の伝達条件がわかったということは、「物」が悪魔の実を食べて能力者として存在している理由も、ベガパンクは知っているということなのでしょうか…?

悪魔の実を食べた物、本稿執筆時点(2017年8月)までに確定している中で、最初に登場したのはラッスーでした。

アラバスタ編も佳境に差しかかりつつあった第184話「モグラ塚4番街」で、ウソップ&チョッパーのペアに、Mr.4とペアを組んで対峙したミス・メリークリスマスが、ラッスーは「イヌイヌの実モデル”ダックスフント”を食べた銃」だと明かしました。

それを聞いてウソップもチョッパーも、意味不明という反応をしていましたっけ。

なんで悪魔の実を食べたのが「銃」なのに動いているのか、と。

キャラ名鑑:ラッスー

続いては、元CP9司令長官のスパンダムが持っていた剣「ファンクフリード」です。

こちらは「剣」でありながら「ゾウゾウの実」を食べたというのです。

キャラ名鑑:ファンクフリード

そして、パンクハザード編で登場した、サラサラの実モデル”アホロートル”を食べたゲル状有毒ガス「スマイリー」です。

けっこう複雑…(^^;)

つまり「ゲル状有毒ガス」が悪魔の実の能力者となったわけです。

キャラ名鑑:スマイリー

さて、今回の記事の中で、筆者は特に「ファンクフリード」について考察したいと思います。

テーマは「物が悪魔の実の能力者となる場合、意志を作り上げるものは何か!?」です(^^)v

この記事の目次へ

動物(ゾオン)系悪魔の実は「既存の動物の意志」を伝達するもの!?

悪魔の実を「物(無生物)」が食べるとは、どういうことなのでしょう??

ラッスーなら、元は「銃」でした。

ファンクフリードは元々は「剣」です。

スマイリーは「ゲル状有毒ガス」がベースです。

どれも、元々意志を持たないものが悪魔の実の能力者に「なってしまっている」のです。

一方で、このようなケースも考えてみたいのです。

第184話「モグラ塚4番街」で登場したラッスーは、このとき「風邪ぎみ」と紹介されていました。

パンクハザード編ではスマイリーは、キャンディを食べて亡きものに変化した描写がありました。

つまり本能的に「食」という行動に走ったとも考えられそうです。

動物(ゾオン)系悪魔の実に宿る意志

この場合、どう捉えるのが良いのでしょうか?

「銃」が風邪をひいた?

「ゲル状有毒ガス」が食への本能のままに動いた?

筆者は違うと思うんです。

それぞれ「犬が」風邪をひいて「アホロートルが」食に走ったのだと思います。

つまり!

悪魔の実を食べて得られた「動物」のほうにも意志はある!

こう考えられないでしょうか?

人間が食べた場合は、その人間の意志が勝る、それは良いでしょう。

一方で、元々意志を持たない物(無生物)は、悪魔の実に宿っている「動物」の意志が勝る。

そういうことなのではないでしょうか?

その仮定で行くと、物(無生物)が自然(ロギア)系や超人(パラミシア)系の悪魔の実を食べることができない可能性があります。

あるいは「人でいう”食べる”の状態」になったとしても、意志がないから何の機能も果たさないとかね(^^)

ファンクフリードの恐怖から考える、動物(ゾオン)系悪魔の実ができるまで

悪魔の実に宿っている「動物」の意志が勝る例は、もうひとつのファンクフリードの例でもみて取れます。

第423話「人魚伝説」では、スパンダムとフランキーの間に入る形で、ファンクフリードが注目を集めました。

まず持ち主であるスパンダムの指示通り、ロビンを狙って「エレファントチョップ」という技で攻撃しました。

これはフランキーに止められてしまいましたが、このシーンではファンクフリードはスパンダムの命令に従っていると考えられます。

スパンダムが「エレファントチョップ」と叫んで、ファンクフリードが変形を見せながら、それと思われる技を繰り出していましたから(^-^)

でも、直後のシーンで状況は一変しました。

ファンクフリードを止めたフランキーが、そのままウエポンズ左(レフト)の構えで、萎縮させられてしまうのでした。

ゆっくり剣に戻れ、ってね。

フランキーと同時にスパンダムが、

そこで暴れて斬り裂いちまえ!!!
(第423話「人魚伝説」より)

と叫んでいるのにスルーです。

グッジョブ!ファンクフリード(^^)b

……もとい、即ちこのシーンは、ファンクフリードにとってスパンダムの命令よりも「フランキーが及ぼす恐怖」が勝ったとも考えられそうです。

「恐怖」

ファンクフリードの中に恐怖の感情があったとして、その恐怖を発した原因は何でしょう??

これまで述べてきた通りだとするなら「ファンクフリードを構成するものは”剣”と”象の意志”だけ」のはずです。

やっぱりこの場合も、「剣」が恐怖を覚えたのではないと筆者は予想します。

「象の意志」の部分が、フランキーに恐怖を覚えた。

だから象の状態から、剣の状態に戻れというフランキーの言葉に動かされたと考えるのが自然だと思うのです。

さて、仮にファンクフリードに象の意志が宿っているとして、その「象」はどんな象なのでしょう??

ちょうどふさわしいと思われる「象」がいましたよね?

コミックス第44巻のSBSで、幼少期のCP9のメンバーが描かれた時に、スパンダムの傍らには「象」がいました。

しかも、その姿はファンクフリードそっくりです。

もしや、この「象」の意志の部分がスパンダムの「剣」に宿った…!?

だとすると、動物(ゾオン)系悪魔の実は、すでに存在する動物の「意志」を「無生物」に宿すことができるということでしょうか…?

Dr.ベガパンクの登場とそう遠くない時期に、きっと悪魔の実の伝達条件も読者に向けて明らかになることでしょう。

その日を楽しみにしています(^-^)

キャラ名鑑:悪魔の実を食べた無生物

この記事の目次へ

今日の順位は何位かな?

当サイトでは、人気ブログランキングに参加しています。この記事が「面白かった」または「面白くなかった」と感じていただけましたら、こちらのボタンを押してください。

今日の順位を見てみる

この記事の分類

このページの感想を送る

こちらのボタンを押すと、管理人に感想を伝えるフォームに移動します。
メールアドレスの入力は不要です、お気軽に感想をお寄せください。

記事感想フォームへ

Twitterをフォローして更新情報をゲット(^o^)!